なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
湘南歩こう会
11月の歩こう会が高田君指導で浜離宮界隈めぐりが11月14日小春日和に恵まれ実施された。
11:00ゆりかもめ入り口に集合、参加者9名。全く景観を一変した汐留ビルの谷間を抜けて、大手門橋を渡り「浜離宮恩賜公園」に到着。
「浜離宮恩賜公園」
園内に入り都心にこのような静寂なスポットがあるとは全くの驚きである。
①三百年の松
 江戸時代、6代将軍徳川家宣が改修時に植えたと伝えられている、都内最大の黒松
c0130833_5101844.jpg

②潮入れの池とバックの近代ビル
 海水を引きいれ、潮の干満による眺めが楽しめるようになっている。バックは近代ビル対象的だ
c0130833_5214617.jpg
③集合写真(高田君撮影)
c0130833_53477.jpg

 左より幸田、浦本、深尾、深尾夫人、品川夫人、小松崎夫人、伊藤夫人、上野
④中島にある休憩室(お茶屋)
c0130833_5395373.jpg

 お伝い橋を渡ると御茶屋がある、中では抹茶が振舞われた(有料)
 外人(ポーランド人と言っていたが)が正座、日本人はあぐら、此れは何を物語るか?
c0130833_541254.jpg

(浜離宮恩賜公園の歴史)
 ①江戸幕府が開かれて暫くは将軍家の鷹狩りの場であった
 ②1654年甲府藩主松平綱重が此の地を拝領、埋め立て別邸を建てる
 ③6代将軍家宣が将軍家の別邸として大幅な改修を行う
 ④幕末外国人接待所として石造洋館である延遼館(幕府海軍伝習屯所)が建設され明治維新後も迎賓館として使用された。明治維新後宮内省の管轄となり名前も浜離宮と改められた
 ⑤1945にGHQ の要求で東京都に下賜された
海軍発祥の地ー旗山
c0130833_544543.jpg

 幕府の軍艦操練所のあったとろが維新後海軍省の管轄になり、海軍省や海軍操練所(海軍兵学校の前身)が設置され、其処の築山の上に 「海軍部旗」が掲揚された、この旗をみて人々は旗山と呼んだ。現在も海軍発祥の地として「旗山」と刻まれた碑が水神社前に建つている
海軍経理学校の碑
c0130833_5432652.jpg

 海軍経理学校のあった一角、隅田川の勝どき橋のたもとに大きな碑が建っている
 此の地に立って兵学校のあった江田島とを比べると、経理学校出身者の融通性のある性格も立地条件の差が大いに影響していると感じる
築地で昼食
c0130833_5422354.jpg

 14:00予定の散策を終わり、座敷に座って軽く喉をうるおし、食事を食べながら懇談、14:40解散

今日の歩行は12,000歩、海軍ゆかりの土地の散策を兼ねての想い出深い歩こう会となった。これを企画指導してくれた高田君に感謝。

以上 記事は上野三郎君作成、写真は高田俊彦君撮影です。
ご両人 有り難うございました。。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-11-16 04:53 | 報告
<< 日記 11月16日 日記 11月15日 三好君から... >>

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧