なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
『帰って来た蛍』の公演
株式会社カートプロモーションが制作した『帰って来た蛍』が公演されます。
これは赤羽礼子、石井宏両氏の著『ホタル帰る』をもとに鹿児島県知覧を舞台に守るべきもののため、この国の未来のため、命を賭して戦った若者たちと知覧に到着してから出撃までの短い期間ではあるが、彼らを献身的に支え、兵士たちから「お母さん」と親しまれた富屋食堂の主人『鳥濱トメ』との心温まる交流を通して、この国の未来の為に命を賭して戦った若者たちの至純な想いを現在に受け継ぐ作品です。
【作品のあらすじ】
大東亜戦争末期、昭和20年春、米軍は沖縄上陸に向け大挙殺到して来る。その米軍に対抗する日本陸海軍は、弾薬・燃料が枯渇し迎撃もままならぬ状況に陥り、沖縄戦における特攻作戦の大命が下る。
陸軍最大の特攻基地となった《知覧》。全国各地から召集された特攻隊員達は、まだあどけない表情の残る十代から二十代前半の若者達であった。その特攻隊員達の母の代わりとして彼等を手厚くもてなし、無限の情を傾けたのが富屋食堂の女主人、《鳥濱トメ》であった。
富屋食堂を訪れた大勢の若者達の中に色白で優しげな青年がいた。彼の名は《宮川三郎》。一度出撃し、生きて戻った汚名を着せられ、苦悶の日々の中で僚友滝本との出会い。親友松崎との再会。
そして宮川三郎は出撃前夜、20歳の誕生日の日に、とめに別れを告げにやって来る。
宮川は明日の出撃の夜、蛍になって帰って来ると約束し、勇躍出撃して行く。
6月6日夜、富屋食堂に奇跡が起こる。
【本作品について】
本作品は戦争賛美の作品ではございません。戦争は非なるものであることは間違いないでしょう。しかし守るべきもののため、この国の未来のため、命を賭して戦った若者たちと知覧に到着してから出撃までの短い期間ではあるが、彼らを献身的に支え、兵士たちから「お母さん」と親しまれた富屋食堂の主人『鳥濱トメ』との心温まる交流を通して、この国の未来の為に命を賭して戦った若者たちの至純な想いを現在に受け継ぐ作品です。本作品を一人でも多くの方にご覧いただき特攻の真実を伝えていきたいという思いから本作品を制作いたしました。
【公演概要】
日程 = ◆草月ホール
住所:東京都港区赤坂7-2-21
    草月会館内(B1階)
 TEL:03-3408-9113 FAX:03-3405-4947
アクセス:東京メトロ半蔵門線・銀座線・都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅4番出口より徒歩5分
2010年7月15日(火)~25日(日)
15 日(木)、16 日(金) 1900~
17 日(土)       1300~  1900~
18 日(日)、19 日(月) 1300~
21 日(水)、22 日(木) 1300~  1900~
23 日(金)       1900~
24 日(土)       1300~  1900~
25 日(日)       1300~

BS フジ放送
7 月12 日(月)22:00~  「知覧ホタル巡礼記」

◆南九州市文化会館(旧・知覧文化会館)
2010年8月12日 =映像上映予定
◆靖國神社(能楽堂)奉納行事『忘れない日本』
2010年7月4日(日) 予定
《遺書の朗読・日本舞踊・歌(童謡)・芝居の予告編》
[PR]
by naniwa-navy | 2010-06-24 20:09 | お知らせ
<< 日記  日記 6月24日 >>

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧