なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
わが比島戦線苦闘の記   深尾秀文     HP担当 原田
海経33期深尾秀文君執筆の「わが比島戦線苦闘の記」をなにわ会ホームページに掲載いたしました。
ぜひご覧ください。

「わが比島戦線苦闘の記」 はこちらをクリックしてください。
[PR]
# by naniwa-navy | 2016-11-28 11:53
新なにわ会設立の経過           岡野 武弘
本年、6月4日、「新なにわ会」がスタートしました。その新なにわ会設立に至る経過をホームページに掲載いたしました。ご一読ください。

  新なにわ会設立の経過 >>> 詳しくこちらをご覧ください。



 
[PR]
# by naniwa-navy | 2016-08-04 21:56 | 報告
空母神鷹洋上慰霊の記              原田 佳明
「空母神鷹洋上慰霊の記」 飯沼 和子 様 (嶋津義公の妹) 代読をホームページに掲載しました。

 飛鳥Ⅱでのクルーズで、船長の配慮で洋上慰霊が実現した記録です。

 詳しくは >>> こちら

 ぜひ、ご一読ください。
[PR]
# by naniwa-navy | 2016-06-29 16:15 | 鎮魂
平成28年度なにわ会永代神楽祭         原田 佳明
平成28年度なにわ会永代神楽祭は昨年同様6月4日に行なわれました。

  定刻前の13:00から続々と参集、久し振りの再会で話の尽きない中、定刻の 14:00より昇殿、永代神楽祭の神事が厳かに執り行われました。

   詳しくは、ホームページに掲載しています。
            >>>> こちらをクリックしてご覧ください。

 以上です。
[PR]
# by naniwa-navy | 2016-06-21 15:43
ご案内 「軍艦多摩慰霊祭」のお知らせ       原田佳明
都竹卓郎君よりのご紹介で、東京都府中市大國魂神社より「軍艦多摩慰霊祭」のお知らせをいただきましたので、ご連絡いたします。

艦内神社として祀られていました大國魂神社にて慰霊祭が開催されます。

 日時:平成26年10月25日(土)午後4時 慰霊祭
               午後5時 軍艦多摩顕彰会設立総会
 場所:大國魂神社
     東京都府中市宮町3丁目1番地
     連絡先 042-362-2130(ご担当:榊田、中目様)

以上です。


 
[PR]
# by naniwa-navy | 2014-09-23 08:59 | お知らせ
平成26年6月4日 靖国神社 永代神楽祭    原田佳明
 平成26年度なにわ会永代神楽祭(第5回)は昨年同様6月4日に行なわれました。 入梅が間近に迫っているが幸い良い天気に恵まれました。

  定刻前の13:00から続々と参集、久し振りの再会で話の尽きない中、定刻の 14:00より昇殿、永代神楽祭の神事が厳かに執り行われました。

   詳しくは、ホームページに掲載しています。
            >>>> こちらをクリックしてご覧ください。

 以上です。
[PR]
# by naniwa-navy | 2014-07-13 13:53
平成26年湘南新年クラス会開催  上野 三郎
1月4日(土)、正午より鎌倉小町通り二楽荘で、恒例の湘南新年クラス会が開催された。いつも通りJR鎌倉駅より鶴岡八幡宮に通ずる小町通りは参拝客で溢れていた。
今回の出席者は19名(前年23名)とやや減少した。

詳しいクラス会の様子は、ホームページに掲載しますので、そちらをご覧ください。

 こちらをクリック >>>> 平成26年湘南新年クラス会
[PR]
# by naniwa-navy | 2014-01-10 10:07
旅行記(泉五郎君 投稿)をHPに掲載しました。 原田佳明
ホームページ管理担当の原田佳明です。

このたび、泉五郎君より投稿いただきました旅行記をホームページに掲載いたしましたので、ご覧ください。
(トップページ索引目次より旅行記へリンクしています。)

  「思い出の宗谷海峡 泉 五郎」    >>> こちらをクリック
  「思い出の陸奥湾周遊記 泉 五郎」  >>> こちらをクリック
  「67年ぶりの屋久島 泉 五郎」    >>> こちらをクリック

ホームページでは、会員皆様の近況など様々な投稿をお待ちしています。
原田宛にお送りください。出来る限り掲載してゆきたいと考えています。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-12-30 18:02
米軍関係者対象の「星条旗」新聞からの依頼   原田佳明
米軍関係者対象の「星条旗 STARS&STRIPES 」新聞の記者の楠元様より、伊400関係者の取材の依頼が、ホームページ経由で入りました。

「伊400潜水艦がハワイのオアフ島沖でハワイ大学研究チームにより発見されたということが12月2日に発表されたことを受けて、現在我々は伊四〇〇型潜水艦について取材を行っております。

伊400潜水艦は、当時では考えられない技術が結集され、後の潜水艦開発へ大きな影響を与えたものでした。その潜水艦の乗員の方もしくは開発に携わった方に当時の様子をお伺いしたいと考えております。」

世話役の上野様が調査検討されましたが。残念ながら、当時乗っていました関係者から情報を得ることが出来ませんでしたが、なにわ会ホームページに掲載しています矢田次夫君の「第一潜水隊 太平洋を行く」に書かれた当時の様子を引用させてほしいという先方の要望には協力いたしました。その結果、12月19日付に伊400号の記事が掲載されました。

以上、報告いたします。

 
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-12-30 17:50
72期の鈴木敏旦君の姪御さんからのメール   原田佳明
駆逐艦桑でオルモックにて戦死しました72期鈴木敏旦君の姪御さん(鈴木敏旦君の妹さんの娘さん)より、兵学校時代のお話や駆逐艦桑での戦闘や戦友会などの情報をご存知の方がありましたら聞かせてほしいとのメールがありました。

<メールの一部引用>---------------------------------

先日両親と共に江田島海兵学校へ見学に行き、そこで資料を見せて頂く事ができました。母は彼とは年が離れすぎており、写真で見たことがあるだけなので、今まで実感がなかったそうですが、初めて「実在の人」と感じたそうです。

現在、母と叔母が数名生存しておりますが、全員彼の記憶がありません。祖父母や年長の叔母など記憶がある人たちはすでに他界しており、生前は「辛すぎてその事は話せない」と言う事で、何も聞けなかったそうです。祖父母に至っては聞ける雰囲気ではなかったそうです。

---------------------------------------------------

このようなメールお問合せに対して、早速、世話役の上野様のご連絡しましたところ、同分隊であった平川様に連絡いただき多くの情報が得られました。姪御さんも大変喜ばれ、御礼のメールもいただきました。

以上、ホームページを見て問合せのメールが多数あります。その中には今回のようにご遺族が年とともに風化しそうな記憶を呼び起こしたいと言うご希望もあります。出来る限り、このような要望にもお応え出来ればと存じます。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-11-28 18:21 | 報告
左近允尚敏氏を偲ぶ会に参加して    上野三郎
去る平成25年6月30日心臓動脈瘤破裂により急逝の左近允尚敏氏を偲ぶ会が行われ、参加した。
参列者158名で盛大な偲ぶ会であった。参列者の80%は制服組を含めた自衛隊関係が主流だったが、報道関係者、ライターが10名以上参列、故人の交友の広さを窺わされた。残念ながら兵72期は旭、都築、平川、上野の4名で一寸淋しかった。大先輩の谷川(兵66期)、市来(兵67期)さんの出席には頭が下がる思いがした。

詳しくは、ホームページに掲載したので、ご覧ください。

こちらをクリックしてください。 >>> 左近允尚敏氏を偲ぶ会
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-10-31 21:36 | 訃報
訃報 吉江正信君が逝去されました。    原田佳明
経理学校33期の吉江正信君が平成25年4月13日に逝去されました。
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

以下は、娘さんからのメールを掲載いたします。
-----------------------------------------------------------------
父吉江正信は、平成25年4月13日 に、永眠いたしました。
ご連絡が遅くなり、申し訳ありません。
皆様の、生前のご厚誼に、心より感謝いたしますとともに、
なにわ会のご発展 をお祈りいたします。
今頃、あちらで、たくさんの大切な お仲間と再会し、大いに語って
いる事と思います。
長きに渡り、お世話になりまして、本当にありがとうございました。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-09-10 14:34
訃報 左近允尚敏君が逝去されました。    上野三郎
今年に入り体調不良により、入退院を繰り返していた左近允尚敏君の逝去が確認されましたので
お知らせします。

6月30日逝去、家族葬にて葬儀を済まされた。

9月に偲ぶ会を開催されるようです。(娘さんのご意向)

以上。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-07-20 13:35 | 訃報
旅行記(泉五郎君 投稿)をHPに掲載しました。 原田佳明
ホームページ管理担当の原田佳明です。

このたび、泉五郎君より投稿いただきました旅行記をホームページに掲載いたしましたので、ご覧ください。

   「 金婚イベリアの旅  泉 五郎 」  >>> こちら



ホームページでは、会員皆様の近況など様々な投稿をお待ちしています。
原田宛にお送りください。出来る限り掲載してゆきたいと考えています。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-07-09 09:01 | お知らせ
平成25年 靖国神社永代神楽祭        原田佳明
平成25年靖国神社永代神楽祭を6月4日に実施しました。会員、ご遺族他71名の方々がお集まりいただきました。幸い天気もよく、過ごしやすい感じの1日でした。今回はなにわ会以外の参拝者もありましたが、全員本殿で拝礼することが出来ました。
永代神楽祭終了後、午後3時より靖国会館偕行の間にて懇親会を開催いたしました。

詳しくは、ホームページに写真入で掲載いたしましたので、そちらをご覧ください。  >>>こちら をクリックしてください。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-06-27 17:24
海兵73期ご遺族 菰池様からのメール      原田佳明
なにわ会ホームページを担当しています原田佳明です。

本ブログやなにわ会ホームページは様々な方に見ていただいています。ホームページを見ていただいた方からの問合せ・質問など様々いただいています。

先日、大阪市の菰池 健様(73期亀有正躬様の実弟)より以下のメールをいただきましたので、掲載させていただきます。

3月28日 菰池様よりのメール
------------------------------------------------------
突然のメールで誠に恐縮に存じます。
 さて、私、海軍兵学校73期の亀有正躬の実弟で81歳です。 兄は、駆逐艦「長波」に乗艦、昭和19年11月11日、オルモック湾で戦死(亨年20歳)しております。
私は、養子縁組をいたしましたので姓が変わっております。実父は40年前に死亡し、以後、母、姉、兄が相次いで死亡、親族のなかでも末弟の私が生前の兄を知る唯一の者となりました。
 73期の方々のクラス会には、遺族として「準会員」に登録されております。 平成16年秋には、「卒業60周年記念・江田島大会」に参加させていただき、慰霊祭の部で遺族を代表して挨拶をさせていただきました。ま
た、関西在住の73期のクラスの方々とは、毎月昼食を共にする会合に出席しております。
 このようにクラスの方々とお会いしておりますと、亡兄を思い出し、特に戦後間もない頃、亡兄のオルモックでの戦死の状況を父母に話し仏壇にお詣りいただいた方がおられました。
 72期で、東京荻窪の原田種睦様でした。 その頃の私は、中学2年でお会いすることは出来ませんでしたが、父、母からは、何時か是非お会いしてお話を伺うようにと聞いておりました。
 以来、相当年月も経ちますが兵学校出身の方々にお会いする毎に、原田種睦様にお会いして亡兄の最後をお聞きいたしたく存じます。 原田種睦様の消息がわかれば、お教えいただきたくお願い申し上げます。
                   大阪市生野区  菰池 健
-------------------------------------------------------

お尋ねに対しまして、なにわ会代表の上野様より原田種睦様の連絡先をいただきましたので、早速、菰池様にご連絡いたしました。

5月16日 菰池様よりのメール
-------------------------------------------------------
なにわ会HP担当 原田 佳明 様
 最早や真夏日に近い毎日ですが、お変わりございませんか。
 先になにわ会会員 海兵72期の原田種睦様のご消息を教えていただき、、作日15日午後東京のご自宅で面談させていただきました。
左半身が長波轟沈の際の強烈な衝撃波による打撲傷で痺れがとれず歩行も困難な様子でした。
 しかし、ご本人は、高齢のため記憶も薄れ十分回想ができないと言われておられましたが、中々どうして、立派に思い出していただき、実兄 亀有正躬の長波での乗艦、戦死をいたしました最後の状況等、詳しくお聞きすることができました。
 昭和19年11月11日、航海士としての兄と通信士の原田種睦様は並んで戦闘配置についていたが、物量にものを言わせ雲霞の如く飛来する敵機の波乗攻撃を受け、機銃弾が兄の左腹部に命中、腹部盲管銃傷の重傷を負い、その場に崩れ落ちたので駆け寄ろうとしたが、戦闘配置のため還りみることができなかったとのことでした。
 相当長時間に亘り、少しづつ思い出しながら情況を説明していただきました。
 戦後68年も経ちますと遠い過去のものとなり、この様な激しい戦があったことを知らない者が大勢を占める世のなかで、有為な数多くの人材を失い、傷つき、幸い生還し戦後の復興に努められた全ての方々のお蔭で今日の平和で繁栄した日本があることを改めて痛感いたしました。
 私の親族でも、兄の生前を知る者は私一人で、今後とも私が供養をして参ります。
 原田種睦様宅を辞した後、靖国神社に参拝してきました。 
以上、お礼とご報告をさせていただきます。 今後共よろしくお願申し上げます。
                         菰池 健
-------------------------------------------------------

なにわ会ホームページに問合せメールが出せるように設定を変えて以来、多くのお問合せメールが参ります。なにわ会メンバーは高齢になりましたが、当時ともに戦った方々のご遺族から様々なお問合せがあります。ホームページを介して、少しでも皆様のお役に立てればと存じております。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-05-17 23:41 | 報告
松原義人君の娘さんからのメール        原田佳明
なにわ会ホームページを担当しています原田佳明です。

本ブログやなにわ会ホームページは様々な方に見ていただいています。
ホームページを見ていただいた方からの問合せ・質問など様々いただいています。

先日、松原義人様の娘さんより以下のメールをいただきましたので、掲載させていただきます。


『初めてメールいたします。

母がホームに入り、いよいよ自宅を片づけることになり、父の遺品もわずかながら出てきました。
その際、もう還暦となった娘たちで処分するにあたっていろんなものを見ているうちにしばらく忘れていた父のことでここ数か月思いがいっぱいとなりました。
そこでやっとなにわ会のHPにたどりつきました。
そこでも父の姿に遭遇。感無量です。
そこで、父が亡くなりましたときに弔辞を書いてくださった方に今更ながらですが娘としてお礼を申したくその方の住所を教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

中村様は亡くなられておられて残念でした。
まだご存命のはずの横田敏之様の住所を知りたく思います。

父は、45分隊 松原義人と申します。』


このメールに対して、早速上野様にお知らせしたところ、横田敏之様はすでに昨年9月にお亡くなりになっていると言うことでしたので、その旨娘さんにお伝えしました。


それに対しまして、お礼のメールが届きました。


『原田様

早速のお返事ありがとうございます。
結局お二人とも亡くなられていたということでしかもおひとりは昨年、とショックでした。
残念でなりません。
存命の方々もだいぶ少なくなって、なんともやりきれません。
しかし今回こういうこと(父の遺品整理)がきっかけで時すでに遅しでしたが(父がいたころは私たちは若すぎました)でも、なにわ会のHPがあったことで父の人生を垣間見ることができたこと、本当によかったと思っています。
またなにわ会HPも新たな形で継続されていくということで私ども遺族にとってもよりどころが残されましたこと、感謝いたします。
先ほどまでブログも読みふけっておりました。
ずっと書き続けてくださった方々がおられたのだ、と感慨もひとしおです。
かつて父に連れられて学生だった私は江田島に行ったことがあります。
きっと30周年行事の時だったのでしょうか。
あのときのお仲間とお会いしたときの父の嬉しそうな表情は今も覚えています。
天国で、きっと皆様にまた会えて仲良くしていただいているのでしょうか。
そう思いたいです。

上野様にどうぞよろしくお伝えください。

追記
今回のことで、父の軍刀を遺品としてちゃんと所有したく警察への発見届とともに都庁で登録審査にかけました。もうすこしで処分となるところでしたが、鑑定士があれこれと刃を散々いじった挙句多少の温情もあってか、所有をやっと許されました。
ずっと少なくとも私が生きている間は大切にしたいと思います。

松原義人 娘 』


なにわ会メンバーは高齢になっていますが、次世代の皆さんもいろいろな形で、それぞれのメンバーの想いを引き継いでくれているような気がして、うれしく思いました。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-05-16 11:46 | 報告
新刊の紹介 「四月七日の桜」         上野三郎
c0130833_10162079.jpg

「四月七日の桜」―戦艦「大和」と伊藤聖一の最期―    中田聖一著
講談社より平成25年4月7日に発刊された。

表紙カバーには「山本五十六に最も信頼された男が家族を思うとき」 また「司令長官として大和とともに沈んだ父沖縄へ出撃した特攻機で散った息子二人を追うように娘を残して逝った母伊藤が植えた桜は今もその命日を忘れない」「開戦を疑い、特攻に反対した海軍大将は、最後に多くの若い命を救い沖縄へ向かった。」 と印象的な文字が並んでいる。
此の息子とは我々と同期(兵72期)の伊藤叡君である。
300頁に亘る大作である。一読をお勧めする。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-04-11 10:17
平成25年4月 湘南なにわ会 歩こう会  上野三郎
平成25年4月4日(木)晴久しぶりの晴天 最高気温も21度と快適。
今年は桜の開花が例年より10日も早く、それに合わせて観桜日を早めたが生憎の天気になり、次の設定日も又雨にたたられ、今回は三度目の正直で快晴に恵まれ、遅まきながら桜花を満喫した。(「待てば海路の日和あり」と)

写真入のページをなにわ会ホームページにアップした。 >>>こちらをクリックする
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-04-11 10:13
「なにわ会通信」1号を発行いたしました。  上野三郎
伊藤君逝去以降、なにわ会便りは止める事としましたが、やはり会員の情報が欲しいという事で簡便な情報誌として「なにわ会通信」を年1会発行することにしましたしました。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-02-23 11:03
湘南なにわ会 歩こう会      上野三郎
平成25年1月31日。 
湘南なにわ会 歩こう会を開催しました。
ぶらり、東京駅→富岡八幡宮→深川不動堂。
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-02-23 11:01
訃報 足立善次氏―深井紳一(深井良の甥)
年賀状に対する寒中見舞いで、72期足立善次様のご逝去を知りました。12月20日に90歳でお亡くなりになったそうです。伯父深井良と3号4号生徒時代を同じ分隊で過ごされました。一緒に学んだり、鉄拳を受けた仲だろうと思います。卒業後は艦隊勤務。1944年10月25日のエンガノ岬沖海戦/ Battle of Cape Engano時に、沈没した空母瑞鶴からご真影を運び出したエピソード(神野正美氏「空母瑞鶴」による)が購読会員Aさんのブログに紹介されています。http://papamama.asablo.jp/blog/2008/05/02/3438533 アドレス欄にコピー/ペイストしてご覧下さい。物静かに微笑まれているお姿が目に焼きついています。お酒は嗜まれないと記憶していますが、伯父と新入生の頃の話を肴に、ぜひお飲み下さい。ご冥福をお祈りいたします。
c0130833_161882.jpg

[PR]
# by naniwa-navy | 2013-01-15 16:05 | 訃報
平成25年湘南新年クラス会 開催  上野三郎
恒例の1月4日、正午より鎌倉二楽荘で湘南新年クラス会が快晴の恵まれて行なわれた。いつもながらJR鎌倉駅より鶴岡八幡宮に通ずる小町通りは初詣客で溢れていた。今回の出席者は23名(昨年は22名)とそこそこの数字となった。

クラス会の様子は、ホームページに掲載しています。

  ↓↓↓↓ をクリックするとホームページが表示されます。
湘南新年クラス会
[PR]
# by naniwa-navy | 2013-01-06 14:39
平成24年度 物故者 リスト について
平成24年物故者リストをホームページに掲載しました。 上野三郎

 ↓ をクリックするとご覧いただけます。

平成24年物故者リスト
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-12-29 23:09 | 訃報
湘南歩こう会(11月15日)に参加して  上野三郎
11月15日に開催された「湘南歩こう会」に参加しました。
遅くなりましたが、その様子をホームページに掲載しました。
ご覧下さい。

「湘南歩こう会」はこちらをクリックしてください。
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-12-28 14:40 | 報告
伊藤正敬君、樋口直君、山田穣君への弔辞  泉 五郎
本年、逝去された伊藤正敬君、樋口直君、山田穣君への弔辞および送る言葉をホームページに掲載いたします。                                         泉 五郎


以下の文字リンクをクリックするとホームページが表示されます。

  伊藤正敬君よ!

  樋口直君 弔辞
 
  正七位海軍大尉 山田 穣 君!
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-12-11 22:54
東京 なにわ会 開催しました 上野三郎
平成24年11月13日(火) 於 アルカディア(私学会館)で行なわれた。

 幸い小春日和に恵まれ快適な会合となった。

 出席者
<兵>相澤 善三郎、池田 武邦、泉 五郎、上野三郎、小林 勝、
   左近允 尚敏、都竹 卓郎、平野 律郎、松下 太郎、
   足立 英夫、足立 淳子、中井 末一、平川 進、藤瀬 韶国、
   藤瀬 保子、若松 禄郎
 <機>
   野崎 貞雄、村山 隆、室井 正、金枝 健三
 <主>
   高田 俊彦、深尾 秀文

 村山氏の司会の下、正午開会、軍艦旗に敬禮、黙祷、世話人挨拶、乾杯、
 懇談と続き、軍歌で盛上げ最後集合写真撮影で14:30散会となった。

 会の様子は以下のなにわ会ホームページ >>> こちら
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-11-17 10:08
東京なにわ会開催のお知らせ  上野三郎
東京なにわ会開催のお知らせを投稿いたします。

恒例の東京なにわ会の開催を計画しました所、次の様な出席状況になり、
残念ながら毎年出席者は減少してゆきますが、まずまずの出席者となりました。

開催日時 平成24年11月13日 12:00~
開催場所 私学会館(アルカディア)

参加者:22名(以下の通り)
<兵>
相澤 善三郎、旭  輝雄、池田 武邦、上野 三郎、大槻 敏直、
小林 勝、左近允 尚敏、都竹 卓郎、平野 律郎、松下 太郎、
足立 英夫、足立 淳子(同伴者)、中井 末一、平川 進、
藤瀬 韶国、藤瀬 保子(同伴者)、山下 誠、若松 禄郎
<機>
野崎 貞雄、村山 隆、室井 正、金枝 健三
<主>
高田 俊彦、深尾 秀文
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-11-10 12:20
第70回 丸の内木曜会(兵74期)に出席して 上野三郎
木曜会幹事 久保 陽(兵74期)の誘いで小生として始めて出席した。

此の会合は74期の大半が還暦を迎えた昭和60年に、丸の内界隈に勤務するクラス
が中心になり始めた昼食会で既に4四半期を経過している様だ。(この様な会合を持たない兵72期としては羨ましい限りである)特徴として毎回先輩をゲストとして迎え、色々体験等を聞き自分達の生活の糧としているのは感心な取組みである。

資料によれば今までに兵72期でゲストとして出席したのは、出席順に山根真樹生、矢田次夫、大谷友之、池田武邦、定塚脩、小林勝、山田良彦、大岡要四郎、森園良巳、小灘利春、澤本倫生、小沢尚介、左近充尚敏、飯野伴七、樋口直、坂元正一、伊藤正敬と17名参加している。(此のうち生存者は4名と聊か淋しい)

第70回は平成24年9月13日(奇数月の第2木曜日)11:30~13:30丸の内レストラン「ボールスター」にて26名の参加で行なわれた。

印象として:
1.2年若いと雰囲気は聊か活気がある。
2.我々72期に対しては兵学校生活の出発に当たり始めて接した先輩で今に至るも、特別の思いがあるようだ。
3.72期の特定の人に関する話題も多かった。小生の場合、空母天城、葛城で一緒に乗艦していた3名が参加しており、びっくりした。
4.健康談義が多いが、積極的に取り組んでいることの紹介があり、前向きである。
5.今に至るまで、旅行を計画実施しているのは羨ましい。

江鷹会談話室からの写真を次に添付する
c0130833_20202141.jpg
              挨拶の上野
c0130833_20204395.jpg
              集合写真
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-09-17 08:22 | 報告
投稿の方法
72期深井良の甥、深井紳一です。先日泉五郎様から、お電話でブログの書き込み方を、投稿の希望者に教えてもらえないかというご要請を頂きました。過去に伊藤様が方法を書かれていたので、下に引用します。会員の方々が日々の出来事をブログに載せて交流の場にご活用され、一般の方々が72期関連の事を投稿し情報の充実につながれば、このブログを立ち上げた伊藤様のご遺志に沿うのではないでしょうか。かっこ内は深井が補足致しました。下の操作をして投稿画面が出たら「タイトル」に題名を書き、四角の枠内に記事(誰と会った、何を食べた、こう思うetc)を書きます。デジカメからパソコンに写真を移せば、投稿画面下の「画像アップロード」の「参照」ボタンを押してスナップ写真なども載せられます。失敗したら、やり直せば良いだけです。伊藤様の奥様がこのブログのために、料金をお支払い続けているのだと思いますので、無駄にならないようご活用されてはいかがでしょう。

「会員、遺族会員の方、どんどん書きこんで下さい。書きこむには、右上のログインをクリックして下さい。次に左に出て来たエキサイトIDの所に naniwa-navy (すでに打ち込んであります)を打ち込み、その下のパスワードの所になにわ会の各クラスの数字6桁(72××××)を打ち込み、ログインして下さい。出て来た画面で、右上の投稿をクリックして記事を打ち込んで下さい。」(2010年1月25日)
[PR]
# by naniwa-navy | 2012-09-08 11:01

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日記
連絡
お知らせ
訃報
書きもの
挨拶
報告
お尋ね
鎮魂
写真
お詫び
意見
テスト
お見舞い
思い出
情報
戦記
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧