なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
カテゴリ:お知らせ( 40 )
動画(海軍兵学校連合クラス会)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~imada/20-6class/class.htm
↑のを貼り付けてください。74期の談話室にあった9日の海軍兵学校連合クラス会の写真を動画にしたのが見られます。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-06-13 15:19 | お知らせ
慰霊祭参加予定者名簿
昨日印刷した名簿をHPに掲載しました。見てください。
会員  http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/ireisai-kaiin1.html

遺族  http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/ireisai-sanka-izoku.html
[PR]
by naniwa-navy | 2008-06-04 09:45 | お知らせ
慰霊祭参加予定者
左近允尚敏年度代表幹事から頂いた慰霊祭参加予定者について

会員 単身 65 同伴(7)14 計79人
遺族 (故人30人)         53人 
                合計 132人
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参拝のみ  会員5 会員夫人1
        遺族(故人21人) 31
                   計 37人
欠 席 会員 75 遺族77  計152人
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     回答者283人です。

昨年の参加者は 会員86 遺族71 計157でほとんど同じです。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-05-06 17:10 | お知らせ
広瀬中佐の胸像
なにわ会ニュース97号でお知らせした広瀬中佐の胸像献納募金について連合クラス会から報告がありました。募金集計234万4千円。胸像設置に必要な費用を超えましたので,その超えた金額は広瀬中佐顕彰活動を続けている大分県竹田市広瀬神社竹田会に寄付したと付記されていました。応募者は約670名。うち72期関係の応募は77名(そのうちご遺族39名)でした。多数のご応募ご協力有り難うございました。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-05-03 09:32 | お知らせ
HPの更新
大谷友之君と話をしていて,主計科の復員後物故者のリンクがちがっていると指摘され,訂正しました。ついでに兵科,機関科の復員後物故者名簿も一部訂正しました。

先に作成を試みた索引表ですが,古いニュースをい持っていない会員が多いようなので,作成しても余り意味がないということが指摘されてきました。そこで印刷するのは取りやめて,HPで利用できるように作成したいと思います。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-04-18 12:05 | お知らせ
猪口 智君のこと
c0130833_19453648.jpg

購読会員のブログに次の記事がありましたので転載します。
杉野計雄さんは大正10年生まれの戦闘機乗りで、丙3期出身。
杉野さんの手記ですが、この中に「猪口智中尉」という人が出てきます。
お父さんも海軍、おじさんも海軍、自身も兵学校の72期を卒業した戦闘機乗りです。
杉野さんは634空時代、フィリピンで猪口中尉と一緒でした。
昭和19年10月24日、杉野さんは空戦が終わって引き上げる時、傷ついた戦艦武蔵を上空から見かけます。杉野さんが見かけたときは異様な航跡ながらも、まだ単艦で航行していたということですが、ご存知のように敵の集中攻撃を一手に引き受けた武蔵はこのあとシブヤン海の海の底深くに沈んでしまいました。
大和と違い、あまり武蔵のことは話題になりませんが、この武蔵の猪口敏平艦長が猪口智中尉のお父さんなのです。猪口艦長もこのとき、艦と運命を共にしました。
武蔵の傷ついた姿を目撃した杉野さんは帰投してからそのことを報告したらしいのですが、そのときはまだ猪口中尉は出撃から帰っておらず、そのことを知らせずに済んだのが何よりの救いであったと杉野さんは回想しています。
でも、そんなこと、いつまでも隠し通せるものではありません。
11月2日。 杉野さんは出撃したものの被弾し、クラークまで帰れないと判断してセブに緊急着陸しました。 指揮所で報告し、汗を拭いていたら、ひょっこりと猪口中尉が現れ、 「先任搭乗員!」 と声をかけてきたそうです。
「ああ、セブに降りていたのですか」
猪口中尉も、攻撃に出て被弾し、セブに降りていて、たまたま一緒になったようです。
しばらくして、そこに猪口力平航空参謀が姿を現わしました。
この人は猪口艦長の弟、つまり、智中尉のおじさんです。神風特攻隊にも深くかかわった人です。 杉野さんを手招きし、二人で外に出ました。 「智が『武蔵』の沈没を知り、興奮している。昨夜話し合ったが、先任、よろしく頼む」 と猪口参謀に言われたそうです。
実は杉野さんにとって猪口中尉はただ単に隊の上官、というだけの人ではなかったのです。
まだ内地にいる頃の話ですが、9月に戦闘機教程を卒業して実施部隊に配属されてきた猪口中尉(もう一人、同期の赤井賢行中尉)に空戦指導をしたのが先任搭乗員だった杉野さんだったのです。 「この二人は、私を見ると、遠慮がちに、空戦に射撃に『お願いします』といっては訓練に励み、ますます技倆は向上していった」 と当時のことを回想しています。
ですから、上官であるとともに教え子でもあり、特に気にかかる存在であったのでしょう。
猪口参謀が杉野さんに何を「頼んだ」のか、この手記からは具体的にはわからないのですが、猪口中尉が暴走しないように見ておいてくれ、と頼んだのか、武蔵の最後を話してやってほしいと頼んだのか・・・・。
でも杉野さんは武蔵の最後の姿を見ていながら、猪口中尉の苦悶する姿に、どうしても話してやれなかったそうです。
そして翌日、11月3日。
杉野さんは出撃する機を見送るために指揮所に向かって歩いている時、傘帯をつけた中尉が列線に走って行く後ろ姿を見つけます。 見覚えのある後ろ姿は、猪口中尉でした。 この日、猪口中尉に出撃の予定はなかったようです。杉野さんが何事だろうと思って見ていると、エンジンもかかっている準備済みの零戦に駆け寄り、すでに搭乗している搭乗員を降ろして乗り込んでしまいました。 猪口中尉に下ろされた搭乗員は指揮所に戻ってきて、中尉の人に降りろと命じられたと報告したそうです。 猪口中尉はそのまま出撃し、戻ってきませんでした。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-03-31 19:45 | お知らせ
機53期の生存者の現状
機55期(たんご会)のHPにあった機53期の現状です。
(53期村山隆君提供H20.03.01現在)
 生存者(24名); ○年齢相応のカタ 
           ×行動制限あり      
 {分隊}
 1   岩間正春○  村山 隆○  吉本信夫×
 2   森川恭男×
 3   蔵元正浩×  椎野 廣○
 4
 5   片山 勇×
 6
 7   安陪 達×
 8   山下武男×
 9   金枝健三○  三澤 禎×
10   阿部順男×  上田 敦×  加藤種男×  
     野崎貞雄○
11   小田正三○
12   上野三郎○  海原文雄×
13   安藤 満 ×  松田 清 ×
14   佐丸幹男×
15
16   室井 正 ○
17
18
19   宇都宮安男×
20   斉藤義衛×
          
[PR]
by naniwa-navy | 2008-03-31 11:12 | お知らせ
なにわ会ニュース98号
なにわ会ニュース98号,完成し今回は昨3月5日クロネコヤマトの宅急便で発送しました。概ね2日目には着くと思います。所要日数を検討したいので,到着した適宜の方法でご一報下さい。
なお,今回から,原則1部送付としました。更に2部以上ご希望の方はお知らせ下さい。若干予備がありますのでお送りします。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-03-05 12:03 | お知らせ
100号記念誌
かねてから提案している記念誌について,なにわ会の歴史と戦史を纏めようと思って作業にかかっています。一応検討を終りました。約600頁になります。整理しながら読んでみると実に貴重な記事が多いですね。
資金的に,問題がありますが是非実行に移したいと思っています。
HPに目次を掲載しました。御覧になってご意見いただければ幸いです。
ただ,昔の記事は漢数字を使用しており,最近の記事は算用数字を使用していますので統一する必要があります。物故者の投稿分は私が修正しますが,パソコンを嗜まれる方には,原稿をメールで送って投稿された方に修正していただければと思っていますがいかがでしょうか。
また,修正についてご協力いただける方,ご連絡下さい。
校正については,生存者の投稿は,ご本人にお願い,それ以外の方の記事は,現在校正をして頂いている4人の方に手分けしてお願いしたいと思います。
また,,これは加えたほうがいいと思われるものがあれば,ご連絡下さい。

最後に,「現在考えている記念誌の印刷配布についての考え方」は次のとおりです。
作成する記念誌
1 形式
B5版  3段 縦書き 文字の大きさ 10P 1段20字 
行間隔18p(行間隔を今より広くする。)
ただし、一部表等は横書きのままとする。
2 大きく分けて、4つに分類しようと思っている。
 a なにわ会の歴史
 b 戦没者を偲んで    (主に戦没者の名簿)
 C 復員後物故者を偲んで(主に復員後の物故者の名簿)
 d 戦記(体験記)
3 全部パソコンで打ち込み、印刷、製本だけを印刷屋に依頼する。
4 頁数  約600頁
5 経費見積もり
現在の『なにわ会ニュース』配布先は約500人。(購読会員を除く)
これらの人と他のクラス等に配布するとして600部印刷したらどうであろうか?
印刷製本等作成費として、200万円ぐらいはかかると思う。
これをどのようにして賄うか。(なにわ会基金の21年初頭残高200万円として)
a案 昨年末の年末クラス会で、「20年度末に一括納入をお願いすることが決まった。」
この「生存者5,000円、ご遺族1,000円」を
「生存者10,000円、ご遺族5,000円」に増額して、
生存者の増加分5,000円×200名として100万円、
ご遺族の増加分4000円×300名として120万円
計220万円で賄う。
b案 希望者を募り、その分だけ作成する。
この方法は、希望者数が確定しないと、作成費の見積もり、そして各人の負担が算定困難である。仮に希望者が生存者120名、残りご遺族として、
計 200名、250名、300名、350名、400名として
その数+他のクラス等への無料配布30部加えたもの作成するとし、
それぞれ、120万、135万、145万、154万、160万で出来ると
仮定し、個人負担を生存者とご遺族、2対1で負担することにして試算すれば
次にようになる。
200名の場合 生存者8000円 ご遺族 4000円で 128万
250名の場合 生存者7500円 ご遺族 3500円で 135万、
300名の場合 生存者7000円 ご遺族 3300円で 144万、
350名の場合 生存者6500円 ご遺族 3200円で 152万、
400名の場合 生存者6000円 ご遺族 3000円で 156万、
となりおおむね賄える。仮にa案で集金すれば200名で160万
400名で260万集まり随分楽になる。
集金上の手間を考え、21年以降の情報配布の資金を考えてa案でいきたいと思う。
今度の年度幹事会に提案して検討してもらいたい。
6 校正等
  前述のとおり。
7 掲載記事の検討
  投稿記事が複数ある会員の投稿については本人の希望を聞いて1点か2点を掲載する。
  機関科会員の投稿分については、既に「海ゆかば」に掲載されているので、掲載しない。
 
[PR]
by naniwa-navy | 2008-03-04 12:56 | お知らせ
池田武邦君のテレビ放映
2月13日のブログでお知らせした池田武邦君のテレビ放映について,昨晩泉五郎君から今見たところだと電話をもらいました。泉君連絡有り難うございました。
ところが,BSHIで放映されたので見れなかった方も多かったのではないか,また見忘れた方もおられると思います。
2月26日(火)1400~1549 再放送があります。詳細は↓↓を御覧下さい。
http://www.amazone.co.jp/works/hvsp.html
[PR]
by naniwa-navy | 2008-02-19 07:40 | お知らせ

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧