なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
カテゴリ:写真( 8 )
東京クラス会写真追加
齋藤 義衛君から昨日の東京ウラス会の写真3枚を送って貰った。
全体の事が良く分る。齋藤君有り難うございました。
c0130833_9375015.jpg


c0130833_9381430.jpg


c0130833_9383889.jpg

[PR]
by naniwa-navy | 2011-11-16 09:38 | 写真
大昔の写真
c0130833_10453798.jpg

左から 後列 渋谷信也、池田武邦、猿田、?、市瀬文人
     中列 宮田  實、高橋猛典、石津 寿
     前列 押本直正、木村貞春、飯沢 冶、加藤孝二、郡 重夫
c0130833_10455868.jpg

前列左から4番目が樋口 直の外上と同じ。

(これは随分若い頃の写真なので、名前の判読に自信が無い。間違いに気付いた方は教えて下さい) 

 泉 五郎君から大昔の加藤孝二君宅にクラスが集まった時の写真を送って貰った。
そして、次のような加藤夫人の添え書きもあった。
『私も整理致して居りましたら、古いお写真の中から若かりし時代の皆様のお写真が出て参りました。当時お若く楽しそうな皆様も、現在ではぼつぼつ寂しさを感じさせられ、あちらの世界、どんなにか賑やかで楽しいことでしょう。結婚1年後、我が家に皆様遊びに来られとても楽しそうでした。
 私は当日失礼して友人宅に伺いました。男性だけの楽しみを味わって頂きたく、大きなお鍋にお豆腐のお味噌汁、不足分は皆さんでお醤油をいれて戴いたとか、みんなうまい、うまいと頂いたそうです。どんなお味だったのでしょう。おいぎり・・おしんこ・・帰宅しましたら主人は上機嫌でした。想い出の一こまでした。』
[PR]
by naniwa-navy | 2011-07-23 18:22 | 写真
永代神楽祭
6月4日の永代神楽祭の写真やっと取り込めました
     軍艦旗をバックに
c0130833_12451827.jpg

元気に神戸から参加された92歳の牛尾佐和子さん(中央)と妹の和子さん(左)
c0130833_12584255.jpg

     左から高松道雄、門松安彦、樋口 直
c0130833_1313547.jpg

         小林 勝
c0130833_13101553.jpg

[PR]
by naniwa-navy | 2011-06-10 12:45 | 写真
2号37分隊
海軍兵学校72期2号37分隊の写真です
c0130833_1043860.jpg
中央烈左から
千田吉夫(20.4.20没  903空 偵察   敵艦船攻撃に向かったまま消息を絶つ )
木原 建(19.10.12没 台南空 戦闘機   敵機動部隊戦爆連合大編隊を迎撃、交戦戦死 )
平野 誠(20.1.14没 132空 艦攻操   敵機動部隊を発見。味方部隊の誘導を報告した後消息を絶つ)
鈴木 彊
片山 務 (20.7.31  イ351   7月11日、内地への作戦輸送のためシンガポールを発ち消息を絶つ。)(米軍資料によると7月14日、米潜水艦ブルーフィッシュに雷撃される)
山根真樹生(H20.9.3 没)  
渡辺収一 深井 良 (20.5.11 没  762空K501   神風特別攻撃隊第9銀河隊として敵艦を攻撃戦死)
柿崎 実 (20.5.2 没 天武隊 回天(イ47) 沖縄南東海面にて特攻戦死 )
 航空母艦『瑞鶴』乗組乙みから回天特攻隊になり、3度出撃するも機会を得られず、4度目にして敵艦に突入。  御両親の写真と女子挺身隊にもらったらしい人形を身につけて散華されたということです。
     『共に死にゆくこの人形は どこのどなたの贈り物』
府瀬川清蔵 (H16.10.18 没) 
古川嗣郎 (H2.4.11 没)     

 この写真は有志会員のAのブログ(2008年04月26日)にあったものです。深井紳一氏からいただいたそうです。いかA三の記述です。
『 最初、前から2列目の右から4人目に深井中尉が写っているのしかわかりませんでした。
「兵学校時代は兵学校時代のようだけど、いつの写真で、一緒に写っているのはどういう人かなあ・・・・?」
と疑問を持ちました。 こーゆーの気になってしかたがないタチです。
 海軍さんは割に写真に写る場所がきっちり決まっています。
 イス席の真ん中が一番偉い人です。端に流れるほど、後ろに行くほど階級が下、というのが基本のようです。 ということは・・・・前列真ん中の一人だけ服や帽子の違う人が教官?   イスに座っている人たちは最上級生(この場合71期)、深井中尉のいる列が72期で、3列目4列目が73期かな?と予想しました。
 深井中尉は2学年の時は37分隊。名簿で37分隊を調べたらちょうど写っている人数分11人でした。
 37分隊、深井中尉以外は一人も顔がわからないので、なにわ会の戦没者遺影のページで、戦死されている方の顔写真を探し、その中の数人が特定できました。
「これはもう37分隊に違いない」
ここまで作業してから最後はMIさんに協力要請。
「この写真の2列目に写っている方々、ご存じないですか?」
と尋ねてみたところ、MIさんが同期生の方に聞いて下さって、全員の名前が判明しました。
同期生の方っていうのが、この写真に写っているお一人だったんですねー。直接ご本人に聞いて下さったようです。
 わたしが画像を拡大して一生懸命顔を近づけて「これは、この人かなあ・・・・?」と照合していったのはいったい・・・・?  でも、わたしのあやしい目で見るより、正確な証言者の方がいらっしゃいました、よかったです。
 やはり、「深井中尉とその仲間」と思って写真を見るのと、一人一人のお名前がわかった状態で写真を見るのとでは全然違います。
「柿崎さん・・・・片山さん・・・・木原さん・・・・千田さん・・・・平野さん・・・・」
どこの出身の方で、どんな亡くなり方をされたのか、その人の足跡もたどることができます。
MIさんが同期生の方に聞いて下さらなければ、きっとこの5人の方は、わたしは名前すら知ることはなかったような気もします。
 11人中6人の方が戦死されています。
 分隊といえば、生活も訓練も、そして殴られる時も(?)すべて一緒。家族のようなものです。この人たちは青春の真っただ中を一緒に過ごした仲間です。過酷な青春だなあ・・・・でも、きっといまのわたしたちには体験できない有意義な青春でもあったのだろうなあ・・・・。』
[PR]
by naniwa-navy | 2011-03-28 09:05 | 写真
葉山海岸
c0130833_1011633.jpg
堀剣二郎君から送ってもらった葉山海岸の清々しい写真です。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-02-01 10:01 | 写真
海軍兵学校の改装後の写真
今日のクラス会で田島様から頂いた改装後の元海軍兵学校(第1術科学校及び幹部候補生学校)の写真です。
元第1生徒館(昔の3階が4階に改装)
c0130833_21515164.jpg

元第2生徒館(幹部候補生学校)
c0130833_21554491.jpg

大講堂
c0130833_21565240.jpg

教育参考館
c0130833_21582023.jpg

[PR]
by naniwa-navy | 2008-12-04 21:52 | 写真
湘南歩こう会旅行
10月14日から16日まで浜名湖方面の2泊3日の旅行が行われました。
14日は浜松駅集合、ホテルさざなみ館宿泊、15日は浜名湖を遊覧船で渡り、歴史と花の龍潭寺見学。、16日はぬまず御用邸等見学。参加者は写真の8名。その写真です.
c0130833_5423137.jpg
後列左より伊藤夫人、深尾夫人、藤井夫人、小松崎夫人、前列左より浦本、深尾、村上夫人、幸田
c0130833_1319288.jpg
龍潭寺は「遠州流」の茶道を興した小堀遠州の作で昭和11年に国の名勝記念物に指定された東海の名園である。
IMAGE|c0130833_6285194.jpg|200810/17/33/|mid|400|300#]沼津御用邸前で
c0130833_549876.jpg
大本山方広寺半僧坊総本殿
[PR]
by naniwa-navy | 2008-10-17 05:43 | 写真
KNSの写真
桂 理平君から「比島沖海戦における小沢艦隊(囮部隊)の戦闘という小冊子(B5版24頁)をいただきました。これはKNS会(京都ネイビイ・セブンティ会)の方にに読んでいただきたく作成されたもので,最後の 「あとがき』 1 表紙に使った写真の説明 2 末尾に掲載したレイテ海戦の作戦図面の説明 3 日本ニュース第232号のフイルムは幸運にも生還した 4 お礼を一言 以外はなにわ会ニュース99号に掲載したものと殆ど同じである。
次は平成19年12月2日のKNS忘年懇親会の写真である。
c0130833_20391630.jpg

最前列左から5番目 加藤種男(機53) 6番目 小西愛明(兵72期) 7番目 桂理平(兵72期) 8番目 浅子義信先輩(兵71期)です。
[PR]
by naniwa-navy | 2008-08-28 20:51 | 写真

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧