なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2010年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧
楓の思いで
c0130833_20325394.jpg

今から65年前の昭和20年1月31日私は駆逐艦楓の航海長だった。
在フィリピンの航空部隊は壊滅したが、搭乗員は相当数が乗機を失って、フィリピンから脱出することもできなくなっていた。そこで20年1月31日 に、第43駆逐隊の「梅」「楓」「汐風」の3隻に、ルソン最北端のアパリにむけ、航空要員を救出するため 出撃することが命じられた。「パトリナオ輸送作戦」である。
しかし、すでに制空権は完全に米軍のものとなっており、水上艦隊が動けるような状態ではなかった。
1月31日、「梅」 「楓」 「汐風」の3隻は、台湾の高雄からルソン島最北端のアパリへ向け出港する。
アパリ防衛のための高雄陸戦隊を乗せ、空襲を避けるためアパリ近郊のパトリナオ村を目指して午前8時高雄を出港、24ktで南下した。
10時、バシー海峡でアメリカ軍哨戒機に発見される。
15時頃、台湾最南端ガランピ岬の南方約35kmで米陸軍第14航空軍所属のP38戦闘機に護衛された第38爆撃航空団所属のB25爆撃機12機と第35戦闘航空団所属のP47戦闘機4機の空襲を受ける。
先頭にいた「梅」は、左舷側から集中攻撃を受け、主砲指揮所と前部砲塔と艦橋間の甲板などに3発被弾、機械室を破壊されて航行不能になる。
15時18分、「楓」が艦首に被弾、「汐風」も至近弾により右舷高低圧タービン損傷により速力が低下する。
18時過ぎ、「梅」は「汐風」の砲撃により自沈処分となる。吉田司令など生存者は汐風に救助され、作戦の中止により高雄に引き返す。「梅」は約80名、「楓」は50名以上が戦死。
この時、楓主計長は高杉敏夫君だった。
私は卒業後終戦まで、終始艦艇(山城、隼鷹、羽黒、楓)勤務だったが、被害を受けたのはこの時と終戦直前の7月末、倉橋島で空襲を受けた2回だけであり、一度も泳ぐことは無かった。
65年経過しても、この日のことを何時も思い出す。  伊藤正敬
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-31 20:33 | 思い出
戦没者
座右に戦死者の年月日順の手帳あり、20年1月は機関科6名散華、私は浦賀で宵月の艤装中であった、その頃1号同分隊の都所、豊住は回天でウルシーに突入せり、合掌。     斎藤 義衛

c0130833_17431422.jpg

         我が家の桜も散り始める!
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-31 17:43 | 思い出
木林 健一君
木林君とは4号時代に同分隊だった。クラス会名簿にかかれている情報だけではどの辺で何の作戦で戦死したのか今日までわからず気になつていましたがブログを見て胸が晴れました。函館から10月7日に出撃したとあります。と云う事は函館船渠で整備したことだろうと思います。私は海上自衛隊時代に大湊総監部所属の護衛艦に乗り組んでいたことがあり、函館ドックにはよく入渠したことがあり、また10月7日ごろの気候は10月10日に初雪のあった年もありうすら寒かつたことも思い 合わせて出撃の状況を想像しております。
     堀 剣二郎                  
                            
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-31 17:38 | 思い出
日記 1月31日
65年前の1月31日の戦没者
 木林 健一(伊12潜)中部太平洋で
   19.10.7 米本土太平洋岸交通破壊作戦のため函館出撃以後消息を絶つ(戦死認定)
1月も終りです。20年1月の戦没者はなにわ会全体で40名に達してしていました。
そのうち、艦艇は5名で大部分は航空の26名、あとは潜水艦2名、回天7名でした。
昨日深井良君の甥紳一様が高橋義郎君の事を書きこんで呉れました。とても嬉しかったです。このブログはなにわ会会員のブログです。会員は遺族会員を含め遠慮なく書きこんで下さい。書きこみ方の分らない方は、伊藤正敬宛メール下さい。その方の名前で書きこみます。なお、携帯からの書き込み、可能の筈ですが今一うまくいきません。更に勉強致します。皆でこのブログ盛りたてて下さい。
早速斎藤義衛君からメール頂きました。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-31 06:56 | 日記
高橋義郎中尉の出撃の様子
深井良の甥深井紳一です。今「戦艦ミズーリに突入した零戦」光人社 可知晃著 という本を読んでいます。その中で72期から艦爆へ行かれた、高橋義郎さんの出撃直前の一言が書かれていました。時任少尉と出撃の飛行場に駆け付けたその父とのやりとりを中心とした短い描写ですが、数時間後に確実に死を控えたと思えない、同僚偵察員の親を思いやるようなご立派な態度に感動を覚えましたので引用します。
両親との決別
国分基地の慰霊祭には、第一草薙隊・時任正明少尉(予備学生13期、中央大、鹿児島出身。4月6日、南西諸島海域にて戦死)の姉上の前田良子さんも、宮崎県から出席されていた。時任少尉は、99艦爆で、台地の上の第二国分基地から発進して行った。少尉の実家は、第二国分基地から北へ直線距離にして50キロくらいの、伊佐郡菱刈町本城であった。十三塚原特攻碑保存委員会編『鎮魂 白雲にのりて君還りませ』という、国分第二基地から発進していった特攻隊員の手記がある。ここに掲載されている時任少尉と両親との飛行場での別れの場面が非常に印象的で、以前から強く記憶に残っていた。早速、話が聞きたくて、鹿児島県の前田良子さんに電話をした。半世紀の時間を感じさせない、姉の弟を想う暖かな優しい気持ちが感じられた。以下の様な状況だったという。
「国分の息子さんから電話です」役場の小使いさんの呼び出しで、両親、祖母、姉は役場に急行した。出撃前の夜、国分基地から時任少尉の最後の電話だった。父「正明か、往っておいで。家の事は何も心配いらない。立派に戦っておいで。成功を祈る」
母「正ちゃん、いよいよ往きますか。元気で往ってください」姉「正ちゃん、元気でお往きなさい。心残りなく戦って下さい」思い思いの声が受話器にすがる。父「おばあさん、これが正明の最後の電話ですよ。良く聞いておきなさい。涙声をださないように」促されて、祖母は生まれて初めての受話器をとった。祖母「正ちゃん、明日発ちますか。行っておいで。そして元気に帰っておいで」後は言葉にならなかった。電話は切れた。零時半だった。家に帰り大急ぎでご飯を炊き、おにぎりをつくり、身支度をして午前二時、両親は家を出た。夜通し、三里(12キロ)の道を歩いて、国分の宿舎である農学校に九時に着いた。時任少尉は、すでに五時半に宿舎を発っていた。両親は休む間もなく、さらに二里(8キロ)の山道を登って、ようやく飛行場の端に着いた。十一時十五分だった。次から次へと離陸する飛行機。何人かの人に尋ねて、広い飛行場を走り回り、ようやく発進直前の時任少尉機のそばに駆けつける事ができた。父「正明っ!」正明「はい、お父さん。来られましたか」父母「良かったね、間にあって。元気で往きなさい」正明「有難う。お父さん、お母さん、体をお大事に。おばあさん、お姉さん、お兄さんによろしく。近所の方にもよろしく。何も思い残すことはありません。喜んで往きます」すぐ伝声管で前の操縦士に話をすると、すぐ前の窓があいて、「高橋です。いってまいります」と笑顔でいった。第一草薙隊指揮官の高橋義郎中尉(海兵七十二期)であった。(時任少尉は、指揮官機の偵察員であった)

この日は同じ72期の艦爆搭乗員牛尾久二中尉、前橋誠一中尉も第一正統隊として沖縄の海に没しています。
写真は上から高橋義郎中尉、牛尾久二中尉、前橋誠一中尉
c0130833_1750218.jpg
c0130833_17502912.jpg
c0130833_1750482.jpg

[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-30 17:51 | 情報
日記 1月30日
65年前の1月30日の戦没者
 田中 敬二(戦317 戦闘機)台湾方面で
  来襲の敵機と交戦戦死(零戦)
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-30 06:59 | 日記
日記 1月29日 永代神楽祭
65年前の1月29日の戦没者
  高木目出雄(戦303戦闘機) 台湾西方洋上で
台湾飛行場発進後消息を絶つ(零戦))。

左近允尚敏君から昨日靖國神社と打ち合せされた結果を次のとおり知らせて頂いた。
『〇 懇親会場は96名の部屋に確定した。
 〇 会費
   参拝のみされる方:500円(参拝料)
   参拝後懇親会に参加される方:3000円(参拝料500円と懇親会費2500円)
 〇 弁当は昨年のより上等の幕の内弁当にした。』

今年は全般を上野三郎君が引き受けて呉れることになった。
細部案内はなにわ会だより第2号に掲載し、出欠は同封の葉書によることにする。
今年は昨年の如く狭くて動きがとれない事は無いと思うので多数の会員、ご遺族の参加を期待している。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-29 12:06 | 日記
日記 1月28日
6月4日の永代神楽祭について靖國神社と打ち合せに左近允尚敏君と上野三郎君が今日行ってくれた。結果については後ほどお知らせする。機関科の斎藤義衛君は立派な携帯電話で毎朝ブログを見て呉れているそうで有り難い。これからは訃報等連絡事項があるときは、直接一括メールで斎藤君にも流すことにした。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-28 20:34 | 日記
日記 1月27日
昨日の訃報に関連、次のかたからメールを頂いた。
田島明朗さん(沢本が子会社に出て尼崎に居た頃何度かご一緒した。あの歌も聴けなくなった。)
小灘君の長女の遺族(母と石井様の奥様は知り合いのようです。
太田正一君の遺族(石井様のお名前をネットにて確認致しました。)
70期の森田さん(毎日貴プログを拝見するのが日課のひとつです 貴クラスの活動や消息の記事に往時を思い起こし 感慨もひとしお まことに懐かしく ネービーの香りや息吹きを感じております)
堀剣二郎君(話上手の好漢ともお別れか。)
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-27 11:05 | 日記
日記 1月26日 訃報
今日石井君の訃報を流したが、これに関連してHPの次の頁を訂正した。
① 22年訃報  ② 現在員  ③ 兵生存者名簿  ④ 兵物故者名簿 ⑤ 名簿訂正  ⑥ TOP頁  ⑦ 四号時の分隊別人員  ⑧ 四号時の分隊別名簿

会員の訃報を知った方は重複してもいいですからその都度伊藤正敬迄知らせて下さい。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-01-26 17:56 | 日記

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧