なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2010年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧
追憶、66年前の昭和19年の10月
c0130833_2084917.jpg
66年前の昭和19年の10月は日本海軍が乾坤一擲の戦いを挑んだ比島沖海戦の月である。機関科53期は卒業111名の内31名が水上艦艇で戦ったが18名が戦死した。その内6名が此の戦いで散華した。何れもが沈没戦死であった。そして5名が沈没生還し終戦を迎えたが、平成22年10月現在の生存者は村山(武蔵)・齋藤(能代)の二人のみである。
以下数回に亘り「比島沖海戦<機関科の戦闘>」(能代機関長付齋藤)を綴る。

・・・機関科の戦闘(1)・・・
19年6月のマリアナ沖海戦で苦杯の後、栗田艦隊は南方はリンガ泊地に集結し文字通り月月火水木金金の日々であった。
10月上旬能代はリンガ泊地より昭南島のセレタ軍港に入港、同港の浮ドックに入渠し修理・補給を行っていた。
12、13日台湾沖航空戦の幻の大戦果に呼応し栗田艦隊に残敵掃討の為の出撃準備の命が下り、能代も急遽17日にリンガ泊地に急航。ところが其の日、米攻略部隊は突如レイテに上陸を開始し残敵掃討どころでは無くなり、栗田艦隊に対し急遽ブルネイ進出の命下る。

*10月18日 0100 リンガ出港
    20日 1215 ブルネイ入港  
*10月21日 <出撃前日>
  記憶は定かでないが、大和より重油の補給を受け先頭艦を承る能代は湾 の出口に移動し1630機関16ノット30分待機となる。能代以外の各艦の搭載水偵機のサンホセ基地への先行移動のカタパルトの発射音、可燃物の陸揚げと慌ただしい一日。
 総員集合、梶原艦長の訓示の後夕刻異例の出撃の酒宴が分隊ごとに開かれた。

  <栗田艦隊の陣容>
・第一部隊 大和・武蔵・長門・愛宕・高雄・鳥海・摩耶・妙高・羽黒・
       第二水雷戦隊旗艦能代・駆逐艦9隻
 ・第二部隊 金剛・榛名・熊野・鈴谷・利根・筑摩
       矢矧・駆逐艦6隻
 ・第三部隊 山城・扶桑・最上・駆逐艦4隻
                       以上39隻

  <レイテ突入計画>
     10月22日 0800 ブルネイ出撃
      第一、第二部隊は24日日没時サンベルナルジ海峡を突破、
       25日黎明タクロバン突入。
      第三部隊は出撃後分離別働、25日黎明時に主力に策応し
       スリガオ海峡よりタクロバンに突入。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-30 20:12
日記 9月30日
9月30日
東京クラス会の出欠返事
 欠席 市瀬文人、岩松重裕

 はや今月も最後の30日になった。今年の夏は異常の猛暑で我々高齢者にはとても堪えたが、秋分の日からやっと涼しくなったとおもったら、今度は雨続き、本当に可笑しな天気が続いている。
 さて、66年前の昭和19年9月まで卒業後1年余の、我々なにわ会会員の戦没者は64名とまだ1割未満だったが、次の10月に入ると1ケ月間で68名と亡くなり戦没者が急増している。それだけ10月のレイテ作戦以後の比島作戦から戦争は厳しくなったのである。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-30 05:23 | 日記
日記 9月29日
9月29日
 田島明朗氏から繁沢敦子さんが書かれた『原爆と検閲』と言う小冊子を送って頂いた。
c0130833_5493680.jpg

 この繁沢さんは昨年12月なにわ会HPを見て、広島に投下された原爆事件についてお尋ねの次のメールを頂き、田島明朗氏を紹介したことがあった。
『はじめまして!なにわ会のホームページ見てメールさせていただいております。広島市立大学大学院博士後期課程に在学しております繁沢と申します。専門は検閲・メディア史で、今は終戦直後に被爆地入りした連合軍側ジャーナリストの足跡やその報道のあり方、またその影響について調査・分析をしております。実はその関係で、当時元大日本帝国海軍の中尉でいらっしゃったある方を探しております。名前が分からないのですが、次のような方を海軍兵学校の卒業生の中でご存じないでしょうか?
 終戦時22歳、階級:中尉(lieutenant) サクラメント生まれの日系二世。10歳の時に母親と来日。英語が得意であったことから、1945年9月3日に米軍陸軍航空隊の従軍記者団が広島入りする際に通訳を務めた。』
 頂いた本は素晴らしい読み物で、原爆投下から65年、随分昔の事で、あの1発の原爆、どれだけの被害だったのかよく分る。本当によく纏められている。あの当時の事を実際に体験した人は毎年減少しているので、この本は、戦争を知らない世代の人に、戦争の実態を少しでも分って頂けると思う。

 海軍機関学校53期、海軍経理学校33期及び会友の終戦時の生存者の写真も私の手元に在る写真をHPに取り込んだ。未掲載の写真が沢山あるので、資料お持ちの方、その写真のコピー頂けると助かります。

 東京クラス会の出欠返事の締め切りは9月30日です。今までに頂いた返事は出席27名、欠席14名、未定1名でまだ11名の方から返事を頂いていません。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-29 05:41 | 日記
日記 9月28日
9月28日の戦没者 66年前 昭和19年 
 中川  毅(横須賀空・二座水偵操)横須賀沖にて操縦訓練の着水時、接触殉職
 村松 義隆(攻708・偵察) 台湾東方洋上で敵機動部隊を索敵攻撃後、消息を絶つ(一式陸攻)

東京クラス会の出欠返事
 出席 なし
 欠席 阿久根正、横田敏之
 未定 高松道雄(10月末までに決定)

 海軍兵学校72期の終戦時生存者のうち、管理人の手元にある写真をHPに取り込んだ。引き続き機関科の写真を取り込む。

海軍兵学校78期会から事務所移転の手紙を頂いた。
 『78期は平成22年10月以降期事務所を水交会内に移し、郵便物の受領、保管、期会名簿の訂正作業、事務局業務の一部を委託しました。そして、今後は期会活動を縮小して、支部活動、分隊活動に軸足を移すことになりました。』
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-28 05:40 | 日記
田島明朗」さんからのメール
 『泉五郎氏の名文「八雲残照」を読まれた方は「八雲行脚」の内容が良く理解出来たと存じます。
しかし「なにわ会」の会員を除いて、なぜ「八雲」1隻だけがこの時期「内地巡航訓練」をしていたのか疑問をお持ちの方もお有りかと思い、ブログを読まれる方に敢えて一文を付け加えます。
昭和18年9月15日3校を卒業した兵科・機関科・主計科候補生は、「海軍練習飛行学生」を命じられ、霞ヶ浦に向かった兵科・機関科の326名、海兵団付の7名を除いて、1期の候補生が乗り組む菊の御紋章が付いた「山城」「伊勢」「龍田」「八雲」に乗り組み、「昭和18年度実務練習艦隊」として訓練に入った。
 ところが当時の戦況から、中部太平洋戦備強化のため陸軍部隊を急遽南方に輸送する必要が生じ、陸軍第52師団の一部約2000名と装備を「山城」「伊勢」「龍田」でトラック・ポナペに輸送することになった。
32駆逐隊の「早波」「藤波」「涼波」を付したこの「丁3号輸送作戦」は10月15日佐賀関を出発し、「龍田」はポナペまで足を延ばし輸送作戦は成功した。
この詳細は「なにわ会ニュース第38号」に掲載されて居る。
さて、ここで気の毒だったのが「八雲」である。留守番役になった理由は「始終8ノット」のアシ以外に理由は無い。
「八雲」は単艦内地で訓練の羽目になったが、「山城」以下がトラックから帰って来るまでの間、大三島・高井神島・高松・郡中沖・亀川沖等に立ち寄り或いは上陸して神社仏閣参拝、名勝見物なども有る外野から見ればノンビリした内海巡航訓練を続けた感がある。この訓練航海中の「艦内新聞」が「行脚」に発展し、こんにち我々がブログで拝読出来る時代になったわけである。』
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-27 13:09 | 情報
日記 9月27日
 9月24日のブログに書いた次の記事を読まれた有志会員の方が、HPの『八雲残照』を読んで、前に読んだ「八雲行脚」では意味が分らなかった事が良く分ったとメールを頂いた。早速そのメールを泉五郎君に転送した。
『この前HPに取り込んだ『海軍兵学校72期が昭和18年9月15日卒業してから2月間、艦務実習した時実習幹部が書いた記事 行脚』について、泉五郎君が解説を加えてくれた。『八雲残照』の題名でHPに取り込んだ。』
 このようにリアクションがあると、ブログ管理者としてはトテモ嬉しい。
 9月3日に亡くなられた海軍機関学校同窓会会長西島安則様(機56期)の「酉島会長を偲ぶ会」が次の通り企画されている。
 開催日時:平成22年11月8日(月) 13:00~15:00
 場   所:京都大学楽友会館(案内図参照)
     京都市左京区吾田町近衛通東大路東入ル
     TEL:075-753-7603
 会   費:¥3,000.(受付時 拝受)
 戦没者の写真は主計科を除き概ね全部HPに取り込んであるが、終戦時生存者の写真はまだ取り込んでいなかった。先日から逐次取り込んでいて名簿の1番から100番まで取り込み終わった。これから次も取り込んでいくが、写真を見て名前が間違っているものがあれば教えて貰いたい。また写真なしの者の写真お持ちの方メール又は手紙でコピーを送って頂ければ嬉しい。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-27 05:39 | 日記
日記 9月26日
東京クラス会の出欠返事
 出席 山田良彦、若松禄郎、金枝健三の3名、累計27名
 欠席 幸田正仁、林 藤太
c0130833_6414671.jpg

限りなき挑戦―伴辰三とその時代
 昭和19年6月11日、台湾で九七大艇に搭乗、船団護衛の為離水した直後、墜落して亡くなった故伴 弘次君の弟、伴 辰三氏から上記の本を頂いた。
 伴氏は平成20年2月4日、満80歳となり、現役から退任された。昭和、平成という時代背景の中で生き、人間としてどのような考え方で行動してきたか、それを回顧録で残しておきたいと考えいろいろ資料を集めてこられた。そして平田超人さんと言う方に書いて頂くことを考え、ご承諾頂き、『限りなき挑戦―伴辰三とその時代』が完成した。
伴氏は今年平成22年の永代神楽祭の時、遺族代表としてご挨拶頂いた方である。
 伴氏ご自身の事が中心で書かれているのは当然であるが、一番上の兄伴 源市氏(海軍技術士官となった後、昭和19年1月、25歳で肺炎になり亡くなった)と次兄伴 弘次君のことも書かれている。 弘次君については、約20頁にわたって書かれている。
 そして、辰三氏も予科練に入隊されていた。その後、現在までの同氏の行動、足跡が綴られている。
 東日新聞の↓の記事がネットにあったので参考にされたい。
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&categoryid=1&date=2010/08/03
 なお、なにわ会HPには次の5編が取り込んである。
有志会員の片岡紀明氏が書かれた「 ネイビーブルーの残影(伴 弘次中尉)」
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-bann-neibi-1.html
思い出草(海軍兵学校生徒伴弘次の日記)その1(第1学年時)
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/kaihei-omoidekusa-bann-sono1-1.html
その2(2学年時代)
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/kaihei-omoidekusa-ban-sono2.html
その3(追加)
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/kaihei-omoidekusa-ban-sono3.html
その4(航空隊の部) 
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/kaihei-omoidekusa-ban-sono4.html
これらの記事の中から多数の記事が利用されている。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-26 05:37 | 日記
日記 9月25日
9月25日
東京クラス会の出欠返事
 出席 和田恭三の1名、累計24名
 欠席 浦本 生、渋谷信也、

 窪添龍輝君から23年度年会費の振込のコピーを頂いた。
23年度以降の会員だより希望者(現在までに年会費を振り込まれた方)は会員30名、戦後物故者遺族22名、戦没者遺族25名、有志会員1名、合計、78名であり、会員の振込が少な過ぎる気がする。新しい年会費は会員2000円、ご遺族1000円です。なにわ会だより第3号8頁を見て忘れないうちに処理して頂きたいものです。振込の無い方には4号以降のなにわ会だよりは送付されません。
 なお、多数の方から過分のご寄付を頂いて居ります。会員を代表して厚く御礼申し上げます。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-25 05:25 | 日記
日記 9月24日
9月24日
 この前HPに取り込んだ『海軍兵学校72期が昭和18年9月15日卒業してから2月間艦務実習した時の実習幹部が書いた記事 行脚』について、泉五郎君が解説を加えてくれ、メールで送ってくれた。
『八雲残照』の題名でHPに取り込んだ。
 昨日自称特四号の田島明朗氏から呉で行われている秋分の日の慰霊祭について、コメント頂いた。とても嬉しかった。
 このブログにコメント頂く人は極めて少数でとても寂しい。
記事の右下のcommentsをクリックすると書きこむ空白が出てくるので、そこに書いて頂ければいいので是非多数の方からコメントを頂きたい。ただ、時々悪戯コメントが書かれるので、コメントは管理人である私が承認するまでは掲載されない。テストでもいいから一度書きこんで頂きたい。書き間違いや具合の悪いコメントは私が適宜削除したり、訂正したりするので遠慮なく書きこんで頂きたい。宜しくお願いします。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-24 05:07 | 日記
日記 9月23日
 今日は秋分の日です。暑さ、寒さも彼岸までと言われますが、今年の猛暑も昨日で最後になりそうですね。
今年の猛暑、老人には堪えましたね。
 昨日の東京クラス会の出欠葉書は欠席の1枚だけでした。
 先日からHPを見直しています。リンク切れや写真ガ出ないものが数件ありました。逐次修正しています。
 ついでに、投稿者の写真や記事の関連写真を追加しています。自分の記事を見て写真が気に入らない方、希望の写真をメール添付で送ってください。入れ替えます。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-09-23 06:26 | 日記

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日記
連絡
お知らせ
訃報
書きもの
挨拶
報告
お尋ね
鎮魂
写真
お詫び
意見
テスト
お見舞い
思い出
情報
戦記
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧