なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2010年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧
日記 12月31日
12月31日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

水交平成23年1・2月合併号から
 1 年賀 謹賀新年として次の名前があった。
左近允尚敏(湘南水交会名誉会長)、伊藤正敬、村山 隆
 2 73期訃報  北郷隆昭様 H22. 7.27 没.
 3 新刊書紹介として、
   「レイテ沖海戦の教訓 捷号作戦はなぜ失敗したのか」 
   左近允尚敏著が紹介されている。
 4 特攻兵器 人間機雷「伏竜」について
   常廣榮一氏(兵7Ⅰ期)の記事がある。
 5 軍艦の火薬庫事故からの日米海軍比較と題した谷光太郎氏の記事の中に戦艦陸奥爆沈事故について次の記述がある。
 「陸奥事故 太平洋戦争たけなわの昭和18年初旬、陸奥艦内では、時計・金銭の盗難事故が相次いだ。副長大野小郎大佐は衛兵司令中村乾一大尉に調査を命じた。調査を進めているうちに、第3番砲塔員の某二等兵曹が衛兵伍長として夜間巡回中に事故が多発しているのが分かった。中村大尉は宮本武先任衛兵伍長を呼び、某二等兵曹を尋問した。某は盗みを否定。
 大野副長は中村大尉に第1艦隊司令部(呉に碇泊中の大和に所在)の高頼治法務大佐に相談するよう命じる。中村大尉は高大佐に面会し、午後3時発の艦載艇に乗り呉を離れた。この時、既に陸奥は爆沈していた。
 某は中村大尉と宮本先任衛兵伍長が呉に出かけたことから軍法会議にかけられるのは必至と恐怖し、絶望的となって自殺を考え、第3番砲塔火薬庫の火薬に点火し、罪状隠滅と自殺を図ったものと推定された。
 某の生家に憲兵隊が踏み込んだ。父はアルコール中毒、母は万引常習者で、某も高等小学校を卒業する頃から窃盗で何度も警察に連行される経歴があった。爆沈から27年後の、昭和45年7月23日、陸奥の引揚げが行われ、一つの砲塔が27年ぶりに海面に現れた。その内部からは一体の遺骨と印鑑2個が発見された。印鑑の1個は某の姓、他の1個は某の姓と名前が刻まれていた。
 (陸奥の爆沈については吉村昭の「陸奥爆沈」、文芸春秋別冊1987年7月号「戦艦を爆沈させた水兵」 に詳しい。)
 6 日米同盟50年における海上自衛隊の特別な役割と題してJ.Eアワー氏が平成22年10月28日水交会で行われた講演が記載されている。
彼は5つの重要な出来事とその前の海上警備隊発足前の1950年の出来事について次にように述べている。
その1 1950年の北朝鮮に対する仁川上陸作戦における日本海上保安庁の掃海艇の活躍
その2 1960年頃の海上自衛隊の事です。この頃は、海上自衛隊は殆ど何も出来ず、日本の海上防衛はその多くを米国により担われていた。
その3 1989年代におけるソビエト潜水艦に対する海自航空部隊及び艦艇部隊の諸作です。日本のp3のコンプーターは7艦隊のP3のコンプーターとデーターリンクを通じてリアリタイムに情報交換が出来た。之はソ軍に対する抑止の真髄です。
その4 1991年のペルシャ湾への4隻の掃海艇の派遣です。
その5 2001年の護衛艦を伴った海自補給艦のインド洋への派遣です。これは2009年まで続いた。
そお6 2009年の海賊対処法を制定し、海自の護衛艦とP3Cをソマリア沖海域に派遣したことです。
(項目のみ転記した。)

2010年も今日限りとなりました。元気で2011年(平成23年)を迎えられることを感謝しています。
皆さんも良いお年を御迎え下さい。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-31 05:44 | 日記
日記 12月30日
12月30日
この日の戦没者 66年前 昭和19年・
 栗原 信也(呉竹 駆逐艦) 比島北方バシー海峡で船団護衛中、敵潜と交戦、被雷沈没戦死
 曽我  清(801空 偵察) 台湾沖で敵機動部隊の来襲に備え、空中退避中、消息を絶つ(二式大艇)

この日の戦後物故者なし。

 平成22年(2010年)もいよいよあと1日になりました。今年はいろんな事件が多かった年だったと思います。この夏の猛暑には参りました。そして、政権交代して、鳩山内閣、管内閣となったが、政治が混沌として何も決まらず、最近は小沢問題で党内が揺れ動いて国政が心配です。
 なにわ会会員も概ね米寿を迎え、平成21年の年頭186名だった会員が年末には168名となり1年間に18名を失い、さらに今年は13名を失って現在の会員は155名となっています。平成20年までは1年間の逝去者は10名以下でした。やはり85歳を超え、高齢化したので逝去者が増えたのは、已むをえないことだと思います。
 なにわ会だよりも今年8月発行の第3号で従来の形式のものは終りとし、来年からは会員の情報主体のものに変更して、従来約450名に送付していたのを、年会費を納入された約200名に送付することになります。
会員の中には、体調不良で、寝たきりの者、入院生活の者、養老院や施設に入っていて行動ままならない者も多くなってきました。来年も健康に留意して元気に過ごして行きたいと思っています。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-30 05:51 | 日記
日記 12月29日
12月29日
この日の戦没者 66年前 昭和19年
 林 宏一(765空 艦攻燥)比島方面 サンホセの敵輸送船団攻撃に向い、消息を絶つ

この日の戦後物故者無し

77期のグループ活動の概略
① 岡田塾(OKJ) 昨年12月に中締めしたOKJは、今年は隔月1回くらいのテンポで研修会を開いていましたが、それも先日 12月6日に全て終了し、最後に乾杯しました。今後は、研修の必要を生じたときに集まることになります。 
② コール77は、10月28日に創立15周年記念演奏会を盛大に、そして成功裏に開催しました。そのあと2回、三鷹市と野田市で協賛出演をしました。全員82歳の男声合唱団というのは、世界的にも珍しいことが段々知られるようになり、これからも方々から”お座敷”がかかり、元気で続けられることと思います。
③ ヨーガセブン会は、毎週金曜日に行われ、今年で発足31年になりますが、このところ出席者が少なくなり、10~15人くらいになりましたが、まだまだ続けられそうです。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-29 05:03 | 日記
日記 12月28日
12月28日
この日の戦没者無し

この日の戦後物故者
 坂元 正一 平成18年 12月28日 逝去
  坂元君は皇后さまをはじめ女性皇族方の産婦人科担当医を長年務めた東大名誉教授で、母子愛育会総合母子保健センター所長であった。坂元君についてはHPに7件の投稿がある。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-28 05:18 | 日記
日記 12月27日 76期会報受領
12月27日
この日の戦没者 66年前 昭和19年
 神 正也(201空 戦闘機)スリガオ海峡強行偵察に発進後、消息を絶つ(零戦)
  神 正也君が水谷 潤君に出した手紙 ↓ がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/iboku-jin-mizutani.html

この日の戦後物故者
 鬼山 茂樹 平成8年 12月27日 逝去

兵76期の会報 131号を頂いた。(B5版32頁)
c0130833_543460.jpg

内容から
1 平成22年10月6日、京都のグランドプリンスホテル京都で総会、懇親会を開催している。
2 文芸春秋6月号196頁から202頁にかけて7頁にわたって、ノンフィクション作家 梯 久美子さんが「特攻生き残り 長すぎた余生」と題して書かれた文章の事を述べられている。
梯さんは、死者を悼む場での姿が際立って美しいと思った人として建築家の池田武邦氏(海軍兵学校代72期)を挙げている。その中に、第2艦隊の慰霊の旅の追悼の言葉を述べた池田氏の挙措は端正で、たたずまいは心身の重心が定まっている人の持つ独特の存在感があった。そして全身に漂う抑制された寂寥の気配。
また、次の記述があった。
 「私の畏恵敬する先輩の森田禎介氏(海軍兵学校第70期パイロット)が、先日私に海軍兵学校第72期とコレスの先輩方のHPである「なにわ会」には、我々が今後あらゆる苦難を乗り越えてゆくための貴重なアドバイスの言葉が収録されていると教えられた。
 早速そのHPを開いてみたら、池田武邦先輩が「軽巡「矢矧」40年目の鎮魂譜」 ↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senki-yahagi-ikedatakekuni.html
と「最後の巡洋艦・矢矧」 ↓ 
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senki-1-yahagi-ikeda1.html
と題して二つの投稿があり、読ませて頂いた」
そしてこれ等の文章から引用して論述されている。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-27 05:22 | 日記
日記 12月26日
12月26日
この日の戦没者無し。 

この日の戦後物故者。
 坂田善一郎 昭和62年 12月26日 逝去
  坂田善一郎君の遺骨を拾おうとは  高松 道雄 の ↓ の記事
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-sakata-takamatu1.html
  下駄ばきもナイス  西尾  博 の ↓ の記事がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-sakata-nisio1.html

 押本 直正 平成13年 12月26日 逝去
  押本君は長年なにわ会ニュースの編集を担当されていた。
  そして、押本君を追悼する記事がHPに18件掲載されている。
  押本直正君の命日に当たって改めて長年のなにわ会ニュースの編集に尽力されたご努力に感謝し、ご冥福を祈ります。

 昨日大阪在住のNさんから次のメールを頂いた。
「今回メールをさせていただいたのは、戦争を体験された方に、直接お会いして、お話を聞く会が、あれば教えて頂きたいと思いました。私は、今の自分や、日本が、あるのは辛い戦争を、経験された方達の上に、成り立っていると思っています。
 戦争を、二度と繰り返さない為に、自分たちが、子どもに、語って行かなければ、と考えております。
お会いして、お話を聞ける集まりがあればと思い、インターネットで、模索していた所、このサイトにたどり着き、なにわ会というお名前なので、もしや、大阪の方面の方かと思い、メールさせて頂きました。
 ご迷惑でなければ、また、お返事頂けたら、嬉しいです。」

先日も同じようなメールを頂きましたが、本当にHPいろんな方が読んで頂いているようです。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-26 05:39 | 日記
日記 12月25日 呉水交
12月25日
この日の戦没者 66年前 昭和19年
 朝稲三知也(戦308 戦闘機)
  比島に出撃、比島ルソン島でB24を迎撃、これと交戦戦死(零戦)
 村上 敏雄(攻252 偵察)
  レイテ島東方の敵輸送船団を攻撃後、消息を絶つ(天山)

この日の戦後物故者なし

 昨日逝去された足立之義君は今月初めの幸田正仁君企画の歩こう会の1泊旅行に元気で参加して見えたのに突然の逝去で驚いた。慎んでご冥福を祈る。

c0130833_7174442.jpg
 広島の特4号自任の田島明朗氏から呉水交51号を送って貰った。この本はA5版で本文85頁、広告36頁となっており900冊印刷されているが、この広告代で印刷経費38万円を賄っている。
 この中に、秘話として田島明朗氏が山本五十六長官の手紙 沢本頼雄海軍次官に当てた8通の手紙の中の3通を紹介している。
 沢本次官は故沢本倫生君の岳父で田島明朗氏の伯父にあたる。この8通の手紙は昭和16年8月から戦死(昭和18年4月)の前月までに出されたものである。歴史読本2010年9月号に2通、波濤(海上自衛隊幹部学校)2010年11月号に1通紹介されており、残り5通のうち3通が取上げられている。
その1
 昭和17年3月15日  旗艦大和 内海柱島
8月付貴簡拝受
1、私用にて度々ご配慮恐入候
2、選挙官営と決定自分等の不評を緩和する為鈴木、星野、武藤等かしきりに海相をかつき居れりとの巷説は結局デマと信居候へ共為御参考
3、艦隊は少しでも物の移搬に協力せむと申し出て第1艦隊は追々順次帰還するものあらむも出先各地に於ける算用の準備あるをきかす為念
4、首相は豪州印度も来合せされは攻略せむと公言せり之は兼陸相としては居られすと存じ研究を進め居候
5、此頃5日間呉にて改装整備等を為す此間保利医校長の顔をちらりと見ても一団に及ばすして訣れ不徹底にて出港致候
 餘寒祈御自愛候       敬具
 3月15日              山本五十六
澤本中将閣下

その2
 昭和17年8月10日  旗艦大和  内海柱島
先□□御清廉慶賀
但し雀遊の成績はあまりあがらざる由の事
益々御□□祈御自愛
  8月10日    山本五十六
澤本中将閣下

その3
 昭和18年3月6日  旗艦武蔵  泊地トラック
 中村前副官着任東京高官各位御精励の由承慶賀の至に候議会等にて一層ご多忙と拝察ことに前□ニューギニア作戦も多難御心配をかけ不相済候しかしまだまだアリューシャンマーシャル及ラエ方面の血戦等いよいよ混乱惨閥ノ場面可生と存じ緊褌奮励の覚悟に候
餘寒御自愛祈上候       敬具
澤本中将閣下   3・6    山本五十六
  別封処理願上候

以上の3通の手紙には解説が記されているが転載はしなかった。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-25 07:09 | 日記
訃報 足立之義君
訃報
 足立之義君
  平成22年12月24日 0315 大動脈瘤破裂で逝去
  深尾 秀文君からの電話で知った。
奥様 玲子さまの意向で葬儀・告別式は家族のみで採り行われる。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-24 11:30 | 訃報
日記 12月24日
12月24日
この日の戦没者なし

この日の戦後物故者
早崎 善範 平成16年 12月24日 逝去

74期訃報
 河野善治 様(1学年53分隊) H22.12.22 逝去

 HPを見た京都の学生さんから次の内容のメールを頂いた。
「今、京都の同志社大学の学生が中心となって、8月15日を平和記念日にする活動、『きょうから始まる温CO知新プロジェクト』 を発足させています。
 今年の8月15日には京都みやこメッセに、1500人が集まり、平和の尊さを考えました。
 プロジェクトでは、戦争体験を第三世代から第四世代へ語り継ぐ活動もしており戦争体験を集めたドキュメンタリー映画『語りを未来へ』も制作しました。
 これは京都市教育委員会より、平和教育資料として採択され、来年度より中学校で教材として使用されます。
 私はこの映画の監督をしているのですが、来年度にむけて、第二作を制作中です。まだまだ伝えなければならない戦争体験があるのですが、今回実際に戦地へ行かれた兵隊さんにお話を伺いたいと思っています。
そこで、突然のお願いで、大変申訳ありませんが、戦地へ行かれた兵隊さんをご紹介していただけませんでしょうか?」
 HPはいろんな方が見ておられますね。
 上記の話に応じてもいいという方、ご連絡いただければ嬉しいです。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-24 05:22 | 日記
日記 12月23日 73期会報受領
12月23日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし

次の本が出版された。
c0130833_527349.jpg

 監査法人を叱る男(副書名 トーマツ創業者・富田岩芳の経営思想)
  出版社     発行所=プレジデント社
  著  者     早房長治
  税込価格 1,680円(本体1,600円+税)
  発行年月 2010年12月  判型 B6
  冨田岩芳君は経33期である。

兵73期の会報 93号を頂いた。(A6判64頁)
c0130833_5413747.jpg

内容から
1 22年10月8日戦没者、戦後物故者のご遺族を含め86名が参加して参拝慰霊祭を行った。
  来年からは慰霊祭に代えて毎年3月22日の永代神楽祭に参加する。
2 クラス会の運営要旨
 a 会報 従来どおり年2回発行する。
 b 総会、全国幹事会 22年10月をもって最終とする。
 c 会費 会員及び準会員の年会費は22年以降徴収しない。
  (73期は基金が多いので、年会費を廃止しても、平成27年までは運営可能の見込み)
 d 名簿は名簿幹事(正副)が協力して改訂維持する。
3 訃報(なにわ会だより3号掲載分以降)
  神尾義尚 様 22. 5. 4 没  原 真純 様 22. 5.18 没
  上垣 済 様 22. 7.10 没  高舘長冶 様 22. 7.26 没
  北郷隆昭 様 22. 7.27 没  阿部三郎 様 22. 8.24 没
  喜田 昭 様 22. 8.26 没  森脇輝雄 様 22. 9. 4 没
  古怒田務 様 22.10.20 没  松井一彦 様 22.11.13 没
4 会員の現状
  現存者 261名  戦没者 282名  物故者356名
5その他
 a ミニクラス会(6地区の地方クラス会)の記事が7頁、物故者9名関連の記事が15件、15頁、が掲載されている。
 b 戦記として戦艦大和の思い出と米海軍教会機関紙でインタビューを受けた長谷川 薫氏の記事がある。
[PR]
by naniwa-navy | 2010-12-23 04:59 | 日記

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧