なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2011年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
日記 1月31日
1月31日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 木林 健一(伊12 潜水艦)
  米本土太平洋岸交通披壊作戦のため19.10.7 函館出撃以後消息を絶つ(戦死認定)

この日の戦後物故者なし。

 昭和20年1月31日、この日 私は駆逐艦 「楓」の航海長として高杉敏夫君(経)ともに、「汐風」(艦長 安元至誠元指導官)、「梅」(艦長 大西快治少佐)の3隻でフィリピンからの搭乗員救出とアパリ防衛のための高雄陸戦隊輸送 (パトリナオ輸送作戦)のため、台湾の高雄からルソン島最北端のアパリへ向け午前9時出港し、空襲を避けるため24ktで南下した。
 午前10時頃敵機1機が水平線のかなたに触接してきた。午後2時までの当直を終わり、士官室で、高雄で仕入れたバナナを食べて休んでいた時、即ち午後3時過ぎ配置につけの号令がかかった。直ちに艦橋に上がるとB‐25とP‐47、P-38の約30機の超低空爆撃を受けた。対空戦闘でこれの迎撃に当たったが、敵弾が前甲板となりにあった一番砲にあたり、前甲板、艦橋付近は大火災となった。一期先輩の松崎弘栄砲術長ほか便乗者を含め54名が戦死した。同航の駆逐艦「梅」は3発の被弾で航行不能となり、「汐風」の砲撃により自沈処分した。楓は乗員の懸命な努力により火災は鎮火したが、舵取装置が故障し、人力換舵で翌2月1日午前2時やっとの思いで高雄に帰投した。

なにわ会名簿
 先日作成したなにわ会名簿(B5判)を縮小し、A5判で作った名簿を山本省吾君から50部送って貰った。
使いやすい名簿になっている。、手製印刷、手製製本で極めて安く出来るので(1冊25円程度)なにわ会だより第4号に同封して配布したいと考えている。なにわ会だより第4号希望者207名に送って5000円程度で済みます。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-31 04:57 | 日記
日記 1月30日
1月30日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 田中 敬二(戦317 戦闘機)
  台湾方面 来襲の敵機と交戦戦死(零戦)

この日の戦後物故者なし。


メールで頂いた年賀を整理して次の3人の記事に興味を認めたので紹介する。

伊藤伸子様(小灘利春君の三女)
当地金沢は暮れからずっと雪で、久々の雪国らしいお正月を迎えております。今後はなにわ会の広報誌はご遠慮申し上げ、ブログを気をつけて拝見することに致しました。長年にわたり、お世話くださること、ありがたく、またご尊敬申し上げております。今まで、なんとなく恐ろしく、一度も「書き込み」というものをしたことがないのですが、今年は、なにわ会ブログで初挑戦させていただくかもしれません。

太田浩二様(太田正一君の甥)
90歳をお迎えになる現在も、益々お元気に活躍される伊藤様のご様子をブログ等で拝見してたいへんにうれしく存じます。昨年10月に欧州航路の船務を終えて休暇下船、大連へ戻っておりましたが、年末12月には名古屋に一時帰国して私の両親共に高松に行き、太田正一の墓参りをしてきました。栗林公園を散歩しながら、当時正一が公園内にあった名士邸宅御令嬢の家庭教師を担当して将来の結婚も約束していたことなどを父省三より聞いて、それでもクラーク基地より飛び立たなければならなかった正一の心を思料させられました。伊藤様にはもっともっと、戦死した方々の分まで長生きしていただきたいと祈っております。

大場幸子様(宮林久夫君の妹)
6月4日の永代神楽祭にはお参りしようと思っています。どうぞ宜しくお願いします。兄久夫は空母 飛鷹 沈没の際、御真影を背負って駆逐艦まで泳いだそうです。(空母「飛鷹」海戦記 志柿謙吉著)にも載っています。宮林の家では両親はじめ皆の話題によくなっていました。昨年10月10日のブログで瑞鶴の御真影を運び出す記事がありましたので懐かしく思い出しました。
(瑞鶴の記事とは足立喜次君がご真影を運び出すことの記事です。)

1月23日のブログに田島明朗氏からコメントを頂いた。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-30 06:04 | 日記
日記 1月29日
1月29日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 高木目出雄(戦303 戦闘機)
  台湾西方洋上に向け台湾飛行場発進、以後消息を絶つ(零戦)

この日の戦後物故者
 西口  譲 平成10年 1月29日 逝去
  若松 禄郎君の「西口 譲君への弔辞」の↓の記事がある
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-nisiguti-wakamatu1.html

 飯田 武二 平成16年 1月29日 1逝去
  金枝 健三君の「飯田武二兄の葬儀と想い出」の↓の記事がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-iida-kaneeda1.html

 なにわ会HPについて、小生が管理できなくなった時の事を心配していた。
 今日左近允尚敏君から、彼が航海長として勤務していて、沈没した駆逐艦「梨」の水雷長で戦死された71期原田盛之様の甥 原田佳明様からのメールを転送して頂いた。
そこで、原田佳明様にメールを送って次の返事を頂いた。

『ご連絡ありがとうございます。
 71期原田盛之(左近允様とご一緒だった「梨」にて戦死)の甥の原田佳明と申します。
 左近允様には平群島の慰霊祭でお目にかかって以来、お世話になっています。
 HPの件。なにわ会HPを拝見させていただいています。
 71期のHPもそうでありますが、これらのページにある情報は、皆様方がたどった歴史であると同時に、後々の人たちにも残したい歴史的事実であると思っています。
 そこで、71期の佐藤清夫様(HP作成管理者)にお願いし、佐藤様が管理できなくなった時点から、私がそのまま引継ぎ、公開させてもらうことを了解いただきました。幸い佐藤様はご健勝でHPを管理されていらっしゃいます。
 72期HPに関しましても、同様に、公開を継続させるお手伝いをさせていただければ幸いです。
 私の願いは、皆様方がたどった歴史事実を将来的に継続して公開することにあります。
 従いまして、HPの内容はそのままで、もちろん費用も必要ありません。勝手なお願いになりますが、何卒よろしくお願いいたします。
 尚、私、松下電器・研究所に25年勤務後、現在HP作成や情報システムサービスなどの仕事を個人でしております。』

これでHPの管理について安心できるようになった。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-29 04:51 | 日記
日記 1月28日
1月28日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

 昨日も特記事項が無かった。

 74期の談話室(ブログ)を分析してみた。
 開設は平成16年8月で6年半経過している。この間の訪問者数は170,872で、23年1月の投稿者は15名、多い人は13回投稿している。内容は写真入りの各地の風景や近況が最も多く、次に多いのは各地で行われたクラスの会合の報告、そして会員の訃報や近況報告となっている。そして、殆どの記事にコメントが5~10件つけられている。クラス会の情報伝達の手段として大いに活躍している。
 これに対し、なにわ会のブログ開設は平成18年8月、訪問者数は54,751である。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-28 05:09 | 日記
日記 1月27日
1月27日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

70期訃報
 高井 太郎様 1月23日逝去。
高井先輩は終戦後、海150号の航海長で復員輸送をしている時の艦長で、最近水交会の会合でよく顔を合わせていた。今日泉君から知らせて貰い、水交会で確かめたところ、23日入浴しようとして斃れ、そのまま亡くなられたそうである。今月13日の水交会賀詞交歓会にも元気で参加されていたとのことである。
慎んでご冥福を祈ります。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-27 04:40 | 日記
日記 1月26日
1月26日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

69期から74期までの現存者(74期談話室の記事から) 参考までに、
69期31名、70期51名・71期106名・72期117名・73期253名・74期460名

なにわ会名簿
 先日なにわ会名簿を送った山本省吾君から次のメールを頂いた。
「早速に名簿を送って頂き有難う存じます。本当にご苦労様です。処でこのような素晴らしい名簿をPS関係者が知るだけでは惜しいし、貴兄のご苦労が充分に伝わらないと思います。そこで、この名簿を小生がA5判に縮めて印刷したので、(素人印刷でうまくできませんでしたが?)PSのない方にも読んでもらえば、きっと喜ばれることと思います。来月早々に若干部数を送りますので、貴兄の方で配って頂ければ幸いです。宜しくお願いします。」
どんなものかメール添付で送って下さいと頼みました。それをみて対策を考えます。

なにわ会だより第4号の校正が窪添龍輝君から帰ってきました。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-26 04:36 | 日記
日記 1月25日
1月25日
この日の戦没者 67年前 昭和19年
 波利 貞三(凉風  駆逐艦)
  内南洋方面 敵潜を発見攻撃中、雷撃を受け沈没戦死
(波利君は八雲における艦務実習を終って第2水雷戦隊付となり、乗艦を涼風に指定されて昭和19年1月初め乗艦した。その月の24日にトラックを出港、「日置丸」「興津丸」をブラウンまで護衛の途中、25日ポナペ島北東で米潜水艦「スキップジャック」(USS Skipjack, SS-184)からの雷撃を受け沈没、戦死した。
 波利の前任者は私の兄 伊藤治義(兵70期)であった。
 父 伊藤義一(兵42期)の聖戦日記に次の記事がある。
「十二月二十九日 トラック出港。正敬羽黒で本日入港予定。涼風本日なお停泊。本日以降出港の予定とか。会えるか。また、治義の後任者五戦隊に便乗して来たか。涼風の出港が三〇日ともなれば治義はここで退艦することになろう。」
 恐らく波利君はこの直後着任し交替した事であろう。
なお、波利と同じ第2水雷戦隊付となり海風に乗艦を指定された故澤本倫生君の手記『私の人生』によると、
しばらく能代で居候して海風の入校を待ち、12月28日に着任とあるのでその頃着任したことであろう。

この日の戦後物故者
 池田 誠七 平成10年 1月25日 逝去
 藤田 昇君の「池田誠七君への弔辞」 ↓ の記事がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-ikeda-fujita1.html

 一昨日故障したプリンターの代わりの新品、昨日朝到着、設定完了、調子よく使える。よかった。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-25 07:04 | 日記
日記 1月24日
1月24日
 この日の戦没者、戦後物故者ともになし。

 1月19日のブログに書いたようにプリンターを購入したが、未だ5日しか経過していないのに、前回と同じように印刷できなくなった。メイカーに電話して問い合わせしたら新品と交換してくれることになった。
今日新品が到達する予定。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-24 04:59 | 日記
日記 1月23日
1月23日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 高見 隆三(332空 戦闘機)
  亀岡付近でB-29と交戦中被弾、機体空中分解し墜落戦死(雷電)

この日の戦後物故者なし。

昨日書いた「なにわ会名簿】について早速Y君から欲しいというメールを頂いたのでメール添付で送った。
このように反応があるととても嬉しい。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-23 05:29 | 日記
日記 1月22日
1月22日
この日の戦没者 なし。

 67年前の昭和19年の戦没者について、記載ミスがあったので、ここに纏めて記載する。

1月4日  
 関根 利彦(皐月 駆逐艦)
 ビスマルク諸島 敵中型機の大編隊と交戦中、銃撃を受け戦死
 海軍兵学校72期の戦死第1号である。

1月11日 
 石井 勝信(球磨 巡洋艦)
 ペナン沖 ムカヘット岬の西17浬で、対潜戦闘中戦死
 詫間 一郎の「戦友を偲ぶ」の↓の記事がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-isii-inoyama-sigemori1.html
 海軍機関学校53期の戦死第1号である。

1月14日
 高原 哲夫(漣 駆逐艦)
 内南洋方面で敵潜を発見攻撃中、雷撃を受け沈没戦死

1月16日
 岡田  清(天津風 駆逐艦)
 南支那海で船団護衛中、敵潜の雷撃を受け艦首部切断戦死

 塚本  純(凉月 駆逐艦)
 本邦南方海面で敵潜の雷撃を前部に受け艦橋前部飛散戦死

この日の戦後物故者
 石井 晃 平成22年 1月22日逝去

なにわ会名簿
 平成15年発行の名簿も発行後7年を経過し、先日発行後の訂正事項を整理してメールで流したが、市町村合併による住所表示の変更や転居、死亡等による変更が多くて訂正するのも大変である。
そこで、あの資料を使用して小生が名簿を訂正していき、やっと新しい名簿の打ち込みが完了した。
そして、15年の名簿記載事項のうち、
終戦時生存者については
氏名 〒住所 Tel&Fax 最終職種 最終配置 没年月日 家族 中学、
戦没者については
氏名 戦没年月日 戦没地 所属 続柄 遺族 〒住所  Tel&Fax
を記載した名簿を作成した。
 何れもB5版 縦 で、前者は25頁、後者は41頁になっている。
御希望の方、御連絡頂けばメール添付で送ります。
[PR]
by naniwa-navy | 2011-01-22 05:41 | 日記

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧