なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
海兵73期ご遺族 菰池様からのメール      原田佳明
なにわ会ホームページを担当しています原田佳明です。

本ブログやなにわ会ホームページは様々な方に見ていただいています。ホームページを見ていただいた方からの問合せ・質問など様々いただいています。

先日、大阪市の菰池 健様(73期亀有正躬様の実弟)より以下のメールをいただきましたので、掲載させていただきます。

3月28日 菰池様よりのメール
------------------------------------------------------
突然のメールで誠に恐縮に存じます。
 さて、私、海軍兵学校73期の亀有正躬の実弟で81歳です。 兄は、駆逐艦「長波」に乗艦、昭和19年11月11日、オルモック湾で戦死(亨年20歳)しております。
私は、養子縁組をいたしましたので姓が変わっております。実父は40年前に死亡し、以後、母、姉、兄が相次いで死亡、親族のなかでも末弟の私が生前の兄を知る唯一の者となりました。
 73期の方々のクラス会には、遺族として「準会員」に登録されております。 平成16年秋には、「卒業60周年記念・江田島大会」に参加させていただき、慰霊祭の部で遺族を代表して挨拶をさせていただきました。ま
た、関西在住の73期のクラスの方々とは、毎月昼食を共にする会合に出席しております。
 このようにクラスの方々とお会いしておりますと、亡兄を思い出し、特に戦後間もない頃、亡兄のオルモックでの戦死の状況を父母に話し仏壇にお詣りいただいた方がおられました。
 72期で、東京荻窪の原田種睦様でした。 その頃の私は、中学2年でお会いすることは出来ませんでしたが、父、母からは、何時か是非お会いしてお話を伺うようにと聞いておりました。
 以来、相当年月も経ちますが兵学校出身の方々にお会いする毎に、原田種睦様にお会いして亡兄の最後をお聞きいたしたく存じます。 原田種睦様の消息がわかれば、お教えいただきたくお願い申し上げます。
                   大阪市生野区  菰池 健
-------------------------------------------------------

お尋ねに対しまして、なにわ会代表の上野様より原田種睦様の連絡先をいただきましたので、早速、菰池様にご連絡いたしました。

5月16日 菰池様よりのメール
-------------------------------------------------------
なにわ会HP担当 原田 佳明 様
 最早や真夏日に近い毎日ですが、お変わりございませんか。
 先になにわ会会員 海兵72期の原田種睦様のご消息を教えていただき、、作日15日午後東京のご自宅で面談させていただきました。
左半身が長波轟沈の際の強烈な衝撃波による打撲傷で痺れがとれず歩行も困難な様子でした。
 しかし、ご本人は、高齢のため記憶も薄れ十分回想ができないと言われておられましたが、中々どうして、立派に思い出していただき、実兄 亀有正躬の長波での乗艦、戦死をいたしました最後の状況等、詳しくお聞きすることができました。
 昭和19年11月11日、航海士としての兄と通信士の原田種睦様は並んで戦闘配置についていたが、物量にものを言わせ雲霞の如く飛来する敵機の波乗攻撃を受け、機銃弾が兄の左腹部に命中、腹部盲管銃傷の重傷を負い、その場に崩れ落ちたので駆け寄ろうとしたが、戦闘配置のため還りみることができなかったとのことでした。
 相当長時間に亘り、少しづつ思い出しながら情況を説明していただきました。
 戦後68年も経ちますと遠い過去のものとなり、この様な激しい戦があったことを知らない者が大勢を占める世のなかで、有為な数多くの人材を失い、傷つき、幸い生還し戦後の復興に努められた全ての方々のお蔭で今日の平和で繁栄した日本があることを改めて痛感いたしました。
 私の親族でも、兄の生前を知る者は私一人で、今後とも私が供養をして参ります。
 原田種睦様宅を辞した後、靖国神社に参拝してきました。 
以上、お礼とご報告をさせていただきます。 今後共よろしくお願申し上げます。
                         菰池 健
-------------------------------------------------------

なにわ会ホームページに問合せメールが出せるように設定を変えて以来、多くのお問合せメールが参ります。なにわ会メンバーは高齢になりましたが、当時ともに戦った方々のご遺族から様々なお問合せがあります。ホームページを介して、少しでも皆様のお役に立てればと存じております。
[PR]
by naniwa-navy | 2013-05-17 23:41 | 報告
松原義人君の娘さんからのメール        原田佳明
なにわ会ホームページを担当しています原田佳明です。

本ブログやなにわ会ホームページは様々な方に見ていただいています。
ホームページを見ていただいた方からの問合せ・質問など様々いただいています。

先日、松原義人様の娘さんより以下のメールをいただきましたので、掲載させていただきます。


『初めてメールいたします。

母がホームに入り、いよいよ自宅を片づけることになり、父の遺品もわずかながら出てきました。
その際、もう還暦となった娘たちで処分するにあたっていろんなものを見ているうちにしばらく忘れていた父のことでここ数か月思いがいっぱいとなりました。
そこでやっとなにわ会のHPにたどりつきました。
そこでも父の姿に遭遇。感無量です。
そこで、父が亡くなりましたときに弔辞を書いてくださった方に今更ながらですが娘としてお礼を申したくその方の住所を教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

中村様は亡くなられておられて残念でした。
まだご存命のはずの横田敏之様の住所を知りたく思います。

父は、45分隊 松原義人と申します。』


このメールに対して、早速上野様にお知らせしたところ、横田敏之様はすでに昨年9月にお亡くなりになっていると言うことでしたので、その旨娘さんにお伝えしました。


それに対しまして、お礼のメールが届きました。


『原田様

早速のお返事ありがとうございます。
結局お二人とも亡くなられていたということでしかもおひとりは昨年、とショックでした。
残念でなりません。
存命の方々もだいぶ少なくなって、なんともやりきれません。
しかし今回こういうこと(父の遺品整理)がきっかけで時すでに遅しでしたが(父がいたころは私たちは若すぎました)でも、なにわ会のHPがあったことで父の人生を垣間見ることができたこと、本当によかったと思っています。
またなにわ会HPも新たな形で継続されていくということで私ども遺族にとってもよりどころが残されましたこと、感謝いたします。
先ほどまでブログも読みふけっておりました。
ずっと書き続けてくださった方々がおられたのだ、と感慨もひとしおです。
かつて父に連れられて学生だった私は江田島に行ったことがあります。
きっと30周年行事の時だったのでしょうか。
あのときのお仲間とお会いしたときの父の嬉しそうな表情は今も覚えています。
天国で、きっと皆様にまた会えて仲良くしていただいているのでしょうか。
そう思いたいです。

上野様にどうぞよろしくお伝えください。

追記
今回のことで、父の軍刀を遺品としてちゃんと所有したく警察への発見届とともに都庁で登録審査にかけました。もうすこしで処分となるところでしたが、鑑定士があれこれと刃を散々いじった挙句多少の温情もあってか、所有をやっと許されました。
ずっと少なくとも私が生きている間は大切にしたいと思います。

松原義人 娘 』


なにわ会メンバーは高齢になっていますが、次世代の皆さんもいろいろな形で、それぞれのメンバーの想いを引き継いでくれているような気がして、うれしく思いました。
[PR]
by naniwa-navy | 2013-05-16 11:46 | 報告

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧