人気ブログランキング |

なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
我が輩は病人である。(その7)
正月中お休みしていた『我が輩は病人である。」の続きです。
某月某日
 痛み止めの注射をやめてから我慢すること半月以上、全身の関節腫れや痛み激しく遂に二度目の座薬挿入。

某月某日
 今迄右に比べて多少は軽かった左半身各部の痛みが特に激化、階段昇降もままならず、正にヨタヨタである。それでも自力回復を信じて頑張る。
 頑張ろうという気力がある限り治る筈だと自分に言聞かしているが、どうも左肩を震源とする今回の痛みも容易ではない。

某月某日
 余震だ、余震だと自分に言聞かせてはいるが、既に一年以上痛みと戦ってきた老いの身には些か堪える。
 肩、肱、手首、から指の関節、膝から足首まで腫れが退かない。困るのは夜中の睡眠時、体を動かさないと忽ち凝りと痛みが襲ってくる。
 痛みと闘いながらのうつらうつらでは眠った気がしない。果たして何時まで頑張れるか?

某月某日
 肩から背中にかけてはまるで鎧をつけたような固さである。どうにもならなくなって明け方女房殿に按摩をお願いした。
 未だ嘗て女房殿に肩を揉んでもらって、これはよく効くなどと感じたことは殆どないが、今度ばかりはヒーヒー云うほどよく応える。プロに按摩してもらったような感じである。
 然し日中は元の木阿弥、終日痛みを耐え忍ぶのみ。多少は春めいてきたのが僅かな救い。

某月某日
 今日は月曜、春雨模様の朝である。昨日の効き目に味をしめ痛くて堪らぬので女房殿に按摩をお願した。然し今日はお疲れとみえ昨日ほど力が入らない。マア仕方がないと諦めるが、寝ても醒めても痛みの方は容赦してくれない。 じーつとしているのがどうもいけない。余程痛み止めの注射をとも思うが兎に角我慢。

四月一日
 本日気分爽快、痛みは全くなく全快か?元気溌剌!エイプリルフールの冗談でもよいからこんなことを書いてみたい。
 然し夜中の痛みは更に酷く、身の置きようがない。夜中女房殿にバイブレーターで按摩して貰うが楽なのはその時だけ。ウトウトしても襲い来る悪夢狂夢は昨年右肩発症時を彷彿させる。
某月某日
 一昨日痛みに耐えかねて遂に元の病院の軍門に下る。例の注射二本、最初の頃のような即効はないが夕方からは比較的楽になった。
然しその反動か、昨夜の痛みは更に酷く、両手両足腫れ上がり小さなアガリックスの薬瓶の蓋が回し切れない。 
 このアガリックスの小瓶、僅か10cc入りだが随分高価なものらしい。先日亡くなった長男の嫁の父が飲みきれなかったものを嫁が貰ってきたものである。
メシマコブのエキス入りだが余り旨いものではない。疲れた時に飲んだらどうかということで、実家から貰って来たものである。
 「私達は要らないのでお義父さん、どうぞお飲みください」という訳で有難く頂戴。 かねて弟かもらメシマコブを勧められていたので早速服用を始めたが果たして効果があるか?
by naniwa-navy | 2010-01-08 06:11 | 書きもの
<< 訃報 安井四郎治君 日記 1月8日 >>

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧