人気ブログランキング |

なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
日記 10月31日
10月31日の戦没者
 66年前の昭和19年
 羽原 寛(伊364 潜水艦) ウエーク島への緊急作戦輸送のため19.9.14横須賀甲を出撃、以後消息を絶つ(戦死認定)
  (房総半島東方250浬で米潜シ―デェビットの雷撃により19.9.15沈没:米軍資料)
 出雲 凡夫(801空 大艇操)本邦南方洋上哨戒のため発進、300浬地点進出報告後消息を絶つ(二式大艇)
 東浦登代治(大湊空 偵察)索敵の為基地発進後、台湾沖で消息を絶つ。
c0130833_551071.jpg

 先に羽黒砲術長浅井秋生氏が書かれた「羽黒の奮戦・ソロモンからレイテまで」をHPに取り込んだが、羽黒の高角砲員で海軍1等兵曹だった石丸法明氏の書かれた「海の勇者の終焉 ペナン沖に消えた羽黒」があったので、HPに取り込んだ。この資料は石丸氏から左近允尚敏君に送られたもので、私は左近允尚敏君から受取った。
 羽黒には、小松崎正通、斎藤五郎、小島丈夫、伊藤正敬、土屋賢一(機)の5名がいたが、レイテ作戦時までに、小松崎、斉藤、伊藤の3人は転勤して、小島と土屋の2人だけが残って、両名は20年5月16日羽黒沈没時に戦死した。
 砲術長は20年4月転勤したので、羽黒の最期には立ちあっていない。砲術長の記事はレイテ作戦で終わっており、この記述にはレイテ戦以後沈没迄の事が詳しく書かれている。この2つの記事で羽黒のことがよく分るので転載することにした。
by naniwa-navy | 2010-10-31 05:01 | 日記
<< 日記 11月1日 日記 10月30日 >>

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧