人気ブログランキング |

なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
日記5月1日慰霊祭参加予定数
4月30日現在の慰霊祭出席予定者数
(出席総数 懇親会参加 参拝のみ の順)
会員   78  75   3 
遺族   75  57  18 
計   153 132  21 

なお 欠席の回答は 会員74 遺族78
昨年の参加者は 会員86 遺族71 計157
回答がまだあると思われるので昨年と殆ど同数になると思われる。

74期の会報20年5月号を頂きました。
その中に「江鷹会解散後もクラスの絆を堅持しよう」という次の投稿がありました。(要旨のみ)

クラスの本柱たる江鷹会が、来年十二月末で解散の予定となった。
残念ではあるが、半数がこの世を去り、残された者の多くも健康を損ね、年一度のクラス会に出られる者はそのまた半分以下で、真にやむを得ない状況である。
しかし今日の昼食会出席者は勿論、欠席者を含め思いは唯一つ 「クラスの杵を何時までも維持しよう」そして「仮令一人になってもクラス会に出よう」と云う事であった。そこで情報連絡をどうするか、会合をどう持つかに焦点が絞られてきた。
前者は、少なくとも訃報は全国的な連絡が欲しい。その為だけの本部要員を置くか、本部の有無に係わらず地区を年々会員減少の故をもって道州単位とし、例えば我が九州北支部は福岡・大分・佐賀・長崎であるが、九州全部を一地区とし、本部に複数の担当者を置き、発信は故人から地区本部を経て全国本部或いは他の地区本部を通じ全国のクラスに伝える。
問題は連絡手段である。幸いと言うか有志による「談話室」というパソコンによる連絡手段が有り、これを活用させて貰ったらと思う。現在でも計報連絡には利用させて頂いているところだ。全員パソコンを持つのは困難だが (今から持とうという有志も結構居るようだ) 地区本部の担当者はこれを備え、各人は出来れば携帯電話を持ちパソコンとのコンタクトを図っては如何だろう。
後者の会合についてだが、何と言ってもクラスに会うのが元気の基だ。現行は連合クラス会で「海軍記念日」「任官組の忘年会(間もなく廃止)」「年四回のゴルフ」。クラスのみでは「新年会」「年三回の棋鷹会 (囲碁とグランドゴルフ)」昨年から「隔月の昼食会」一昨年から「隣接クラス会への有志参加」等である。中でも渡辺浩君発案の昼食会は好評で「次回は何日だ」と熱気がこもっている。棋鷹会も毎回二次会まで元気を発散させている。二つとも参加者が増える傾向にあり、一人になるまでやると息巻いている状況だ。
何をやるにしても健康第一でウォーキング等それぞれ努力している。しかし常に話は病めるクラスの状況に及ぶ。何とか励ます良い策はないかと。一律には行かないのが悩みの種である。江田島は我等の誇りであり、クラスは何物にも代え難い宝である。
我らの絆が何時までも固く、願わくばあの世においても永久に続くことを祈るや切なり。

今日は私が自衛隊退職後12年間勤務していた国士舘大学の退職者のOB会があり参加しました。間中十二君も来ていましたが,先日の毎熊祐俊君の訃報が流れていないといっていました。どうも流れが悪いようです。困った問題です。流れをチェックして見たいと思います。
by naniwa-navy | 2008-05-01 07:04 | 日記
<< 日記5月2日 日記4月30日 >>

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧