人気ブログランキング |

なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2010年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧
日記 6月22日
泉 五郎君から、彼がなにわ会会誌に書いた戦記ものについて問い合わせがあった。そして、彼が大昔、会誌2号(昭和29年1月1日発行)に投稿した「腰抜け武勇伝」にめぐりあった。これはまだHPに掲載していなかったので、今取り込み中である。
ところで、なにわ会ニュースに掲載されている記事の見つけ方であるが、次のようにして見つける事が容易である。
HPのトップ頁の目次のところに、「索引目次その1(リンクなし)」と「索引目次その2(リンク付き)」がある。「索引目次その1」をクリックすると、索引表が出てくるので、戦記なら戦記の頁を開いて捜せば見つける事が可能である。是非活用して頂きたい。
by naniwa-navy | 2010-06-22 05:30 | 日記
日記 6月21日
6月21日の戦没者
 66年前 昭和19年
今村 一敏(宮崎空 陸攻操)九州南東洋上で
九州南東150浬の哨戒線上で哨戒中、消息を絶つ(九六陸攻)
 65年前 昭和20年 なし
by naniwa-navy | 2010-06-21 05:10 | 日記
鎮魂、石間正次郎君    機、齋藤
本日は66年前のマリアナ沖海戦の日である。空母奮戦の戦いで、能代は傍観のような空しい海戦だった。戦没者記事の、同じ瑞鶴で戦った上野君の手記「石間正次郎君を偲ぶ」を再読、改めて冥福を祈る。機関科の戦死は主に機械室或いは缶室なれど石間君は応急指揮班の配置にあり、「応急班の真横の海面に落ちた爆撃の破片が狭い室内を駆け巡り、石間君の大腿動脈を破り出血多量で他には何の傷も無いのに戦死」と。君の無念や如何ばかり。
by naniwa-navy | 2010-06-20 11:05
日記 6月20日
6月20日の戦没者 66年前 昭和19年
石間正次郎(瑞鶴 空母)マリアナ西方で
 あ号作戦:敵機動部隊と交戦中、被弾戦死
65年前 昭和20年 なし

なにわ会HPの閲覧数 15万突破した。
(参考 多のクラスのHP閲覧数 6月20日現在
7Ⅰ期 36709  74期 19623  76期 23179)
by naniwa-navy | 2010-06-20 04:56 | 日記
日記 6月19日
昭和19年6月19日は太平洋戦争の時、あ号作戦で日本海軍の空母部隊が壊滅した日である。
この作戦で航空母艦 大鳳、翔鶴、飛鷹を失って作戦は失敗した。

この日の戦没者 66年前 昭和19年 
高木滋男、靍田 功(大鳳 空母)マリアナ西方で 
あ号作戦:第1次攻撃隊発進後、敵潜の雷撃を艦首に受けたが戦闘航海に支障なく航行中、原因不明の大爆発が起こり沈没戦死
小尾清彰、野村 繁、三田 進、森 茂樹(翔鶴 空母)マリアナ西方で あ号作戦:11時20分頃敵潜の雷撃を受けたが応急修理のうえ、戦闘航海を継続中、逐次被害増大し、14時30分頃遂に沈没戦死

65年前 昭和20年
江崎良則(332空 戦闘機)和歌山南方で
和歌山県上空を哨戒中、B-29に遭遇、交戦戦死(雷電)

兵77期会報91号を頂いた。このクラスは平成25年(会員が85歳)に組織的活動を終結することになっていて、逐次地区的活動が多くなっている。
この会報の内容も、地区期会便りが、近畿地区、九州総会、東海地区、新潟県クラス会、神奈川県会等の報告記事、今後の地区活動について、更に22年度下半期の行事予定(北海道地区、東北地区、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、東海地区、近畿地区、中国地区、九州地区、四国地区、舞鶴会)が述べられていた。
そして「俺も77期」と題して6名の投稿記事があった。
その他、77期の1号生徒に当たる75期の元最高裁判所長官の三好 達氏の「日本再生の道」と題した講演の要旨と靖國神社の基礎知識が掲載されていた。
また、このクラス自慢のパソコン勉強会(OKJ)の中締め感想文(約22名)が掲載されていた。このクラスはパソコンの立派な指導者がいて羨ましい。
by naniwa-navy | 2010-06-19 05:14 | 日記
日記 6月18日 歩こう会
昨17日なにわ会の6月歩こう会が開催された。
行き先 神奈川県立四季の森公園(花しょうぶ観賞)
11:00 横浜線中山駅集合、15:00 同駅にて解散
参加者:男性 幸田、浦本、深尾、上野  4名
     女性 小松崎、藤井、加藤、深尾、伊藤、品川各夫人 6名
概要:
丁度入梅間がない天候不順の時期だったが、晴天に恵まれ最高気温も30℃近くにまで上昇した。
中山駅から1,200mのなだらかな坂を上ったところに、忽然と自然を生かした公園が現われた。
公園を入ると「かわせみ」の現われるのをカメラに収めようと、気長く待っているカメラの放列に出会う。(世の中には気の長い人もいるものだ)
c0130833_5275490.jpg

少し歩くとしょうぶ園120種、6,000株のしょうぶが見事。カメラに絵にと熱心に収めている人たちが多い。
休憩所で女性軍の差し入れの冷凍柑橘類で暫しのビタミンを補給、あし原湿原を回り出発点に戻る。この間約1時間。
c0130833_5283485.jpg

中山駅前でパスタを食べながら団欒(此れが最近の歩こう会の目的だ)を楽しみ、9月の再会を約束しあった。あまり歩行数は伸びないと思っていたが、家に帰ると9,895歩と、びっくりした。(以上上野三郎君から)

久し振りで杉田繁春君から手紙を貰った。内容はHPの生存者名簿の最後の生存者数の次に生存率を加えたらどうかという事である。生存率は会員の現状には入れてあるが、提案があったので生存率と復員者生存率を加えることにし、訂正した。
by naniwa-navy | 2010-06-18 05:30 | 日記
日記 6月17日
昨16日、先日亡くなった高杉敏夫君の葬儀に行ってきました。彼はキリストの信者で葬儀はカ「トリック豊島教会」で行われました。信者と思われる方が多数参列されていました。
雨を心配しましたが、出掛けた10時半過ぎには雨はやみ、太陽が出て物凄く暑くなり参りました。でも無事帰ってきました。15日のお通夜には神林 勗、窪添龍輝、高田俊彦、冨田岩芳、深尾秀文、左近允尚敏、都竹卓郎の諸兄、16日の告別式には足立暢也,亀谷敏明、神林 勗、北川博幸、高田俊彦、吉江正信、阿部夫人、山田良彦、都竹卓郎、若松禄郎、伊藤正敬が参加していました。改めて高杉敏夫君のご冥福を祈ります。
by naniwa-navy | 2010-06-17 05:13 | 日記
日記 6月16日
6月16日の戦没者 66年前 昭和19年 
山本幸一(輸128 輸送艦) ニューギニア北西で
  ソロンに向け航行中、敵機の攻撃を受け沈没戦死
 65年前 昭和20年 なし

海軍機関学校55期のHPに機53期関係の次の記事があった。何れも見事に纏められている。是非見て頂きたい。
海軍機関学校53期 1号時代(昭和17.11.28~18.9.15) 分隊表
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tangoy/frm3a.html
海 軍 機 関 学 校 第53期 戦 没 者記録
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tangoy/frm3a.html
海軍機関学校53期 戦後死亡者
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tangoy/frm3a.html
by naniwa-navy | 2010-06-16 05:53 | 日記
日記 6月15日
昨日ブログに書いたように、高杉敏夫君が急逝された。
昭和19年10月1日付で巡洋艦羽黒から駆逐艦楓艤装員を命ぜられた私が、横須賀工廠で艤装中の楓に着任したのが10月20日だった。その時既に着任していた主計長予定者が高杉敏夫君で、それから翌20年6月、彼が33潜水隊に転勤するまで7カ月、同じ楓士官室で生活を共にした。
この間、20年1月31日には、「楓」は「梅」と「汐風」の3隻でフィリピンからの搭乗員救出(パトリナオ輸送作戦)ため、台湾の高雄からルソン島最北端のアパリへ向け出港した。
8時、アパリ防衛のため高雄陸戦隊を乗せ、アパリ近郊のパトリナオ村を目指して24ktで南下した。
10時、バシー海峡で米軍哨戒機に発見され、15時頃、台湾最南端ガランピ岬の南方約35kmで米陸軍第14航空軍所属のP38戦闘機に護衛された第38爆撃航空団所属のB25爆撃機12機と第35戦闘航空団所属のP47戦闘機4機が襲来し、まず先頭にいた旗艦「梅」が左舷側から集中攻撃を受け、主砲指揮所と前部砲塔と艦橋間の甲板など3発被弾、機械室を破壊されて航行不能になり、「楓」は艦首に被弾し、前部砲塔全壊、前甲板、艦橋付近に火災が発生。「汐風」も至近弾により右舷高低圧タービン損傷により速力が低下した
18時過ぎ、「梅」は「汐風」の砲撃により自沈処分した。。吉田司令など生存者「は」に救助され、作戦中止、台湾の高雄へ引き返した。「梅」は約80名、「楓」は便乗者を含め54名が戦死。、
そんな命を掛けた作戦を共にした仲であった。
戦後、楓乗員は楓会を作り、彼はその中心になって楓会を盛り上げていた。先任将校が亡くなられてからは楓会会長として活躍していた。
また、なにわ会発足から昭和51年までと、昭和61年、平成2年となにわ会幹事を務めてくれ活躍してくれた。その後、昨年も今年も永代神楽祭の時の会計を引き受けてくれた。
つい先日の6月4日の永代神楽祭の時は全く元気だったのに、8日に検査入院されたのはどこか体調が悪かったのか。先程電話でお悔やみを申し上げたが、肺がおかしくて検査の為入院していたとのことである。
今回の訃報は高田俊彦君からメールで知らせて頂き、会員、遺族会員にメールとブログ、HPで流した。今回は斎藤義衛君、堀剣二郎君からメール、山田良彦君、上野三郎君から電話を頂いた。訃報のメールは流しはなしになりがちだが、一言でも関連事項や感想を頂くと流した本人は嬉しくなります。
堀剣二郎君が流した右近恒二君は多摩で高杉敏夫君と一緒だったとメールに書いてあった。山田良彦君は高杉敏夫君と一時仕事の付き合いがあったそうである。
 何れにしても、本当の急逝で驚くばかり、心からご冥福を祈る。

74期訃報
中村 外雄様(1学年22分隊) H22. 6.13 没
by naniwa-navy | 2010-06-15 05:17 | 日記
訃報 高杉敏夫君
 高杉 敏夫 君(主計科)(名簿46P)
平成22年6月13日(日)朝 急性心不全で逝去
喪主   次男 高杉 展 様
御通夜  平成22年6月15日(火) 1800~
葬儀ミサ      6月16日(水) 1230~
斎場   カトリック豊島教会
住所  〒171-0051 東京都豊島区長崎1―28―22
電話:03-3957-2540
交通  西武池袋線椎名町駅と営団地下鉄有楽町線要町駅のほぼ中間、山手通りの西側に位置し、どちらの駅からも歩いて約5分。
(高田 俊彦君から頂いたメールで知った。高杉敏夫君は8日から検査入院していたが急に状態が悪化して急逝されたとのことである。
彼とは駆逐艦楓で昭和19年10月艤装の時から20年6月彼が転勤するまで一緒に戦った親友であった。   伊藤正敬)
(電話連絡網で流してください)
by naniwa-navy | 2010-06-14 09:47 | 訃報

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧