人気ブログランキング |

なにわ会のブログ

海軍兵学校72期海軍機関学校53期海軍経理学校33期
<   2011年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧
3月23日
3月23日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

 下の写真は、3月17日のブログに書いた猪口 智君の妹さん星野道子様から送って貰った3月11日武蔵沈没地点シブヤン海での合同慰霊祭の写真です。
なお、父上は猪口 敏平氏で武蔵艦長で戦死されています。
c0130833_6112384.jpg
      父と兄の遺影と共に参列 父、兄の遺影、遊就館に奉納している父が遺書を書いた時のシャープペンシルと軍服
c0130833_6225794.jpg
     武蔵沈没地点で兄 勇様と
c0130833_6252497.jpg
     シブヤン海での合同慰霊祭で兄 勇様と
c0130833_6283048.jpg
      供え物を海へ投ずる星野さん
        (2011年3月11日撮影)
by naniwa-navy | 2011-03-23 06:11 | 日記
日記 3月22日
3月22日
この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

 先日なにわ会だより第4号と一緒に配布したなにわ会終戦時生存者名簿に誤りがあったので次のように訂正してください。なお、なにわ会だより第5号に訂正紙を入れます。

         (終戦時生存者名簿 平成23年1月発行)     
頁    氏名           訂正事項
3  市瀬 文人(訂正) (長女)あい子を(妻)あい子に
3  右近 恒二(転居)   なにわ会だより4号のとおり
8  柏 清一郎(訂正)     同上
10 椎原 國康(転居)    同上
10 渋谷  了(訂正) (妻)朝子を(妻)節子に
10 渋谷 信也(訂正) (妻)節子を(妻)朝子に
12 高木 亮司(訂正)  332空を戦402に 利幌一中を札幌一中に 
13 富尾 治郎(逝去) 平成23年 2月23日没
13 東條 重道(訂正) 北3-34を北3-25に
14 中西 健造(訂正) (長女)大谷陽子を(長男)和弘に
15 花田 武彦(訂正) (妻)章子を(妻)澄子に
15 濱田 秋朗(訂正) (妻)澄子を(妻)章子に
16 冨士 榮一(訂正) (妻)英子を長男彰夫に
18 溝井  清(訂正) 12809を12869に
20 山元  奮(逝去) 平成23年 3月13日没
21 渡邊 光允(逝去) 平成22年 12月1日没
28 富田 岩芳(訂正) (三女)竹内優子を(長女)林明子に
28 富田 岩芳(訂正) 経攻を経校に
30 高崎 慎哉(訂正) 没年月日追加 H6.4.2 
by naniwa-navy | 2011-03-22 04:56 | 日記
日記 3月21日
3月21日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 増田 實(戦313 戦闘機)
 千葉県茂原基地にて訓練中殉職(零戦)

 古関 建治(攻711 偵察)・小原 正義(攻711 兵器)
 第1神風桜花特別攻撃隊神雷攻撃隊として沖縄沖に突入戦死(一式陸攻)

この日の戦後物故者
 大野 嘉秋 2006年3月21日逝去

深井 良君の記事(紳一様作成のHPの転載・手紙2件)をHPに取り込んだ。


 
by naniwa-navy | 2011-03-21 05:29 | 日記
日記 3月20日
3月20日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 寛応 隆(戦311 戦闘機)
神風特別攻撃隊菊水部隊彗星隊として九州南東海面の敵機動部隊に突入戦死(零戦)

この日の戦後物故者。
 伊吹 明夫 2000年3月20日逝去
 大村 哲哉君の「伊吹明夫君に送る言葉の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-ibuki-oomura1.html

 井上 旦様(77期)の「鳥取ネービー会代表伊吹明夫様への弔辞」↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-ibukihenotyouji-inoue1.html

 濱田 秋朗君の「伊吹明夫君の逝去の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-ibuki-hamada1.html

 矢田 次夫君の「人は呼ぶ―伊吹・松田両君を偲んで」の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/bukko-ibuki-matuda-yada1.html

 会計幹事の深尾秀文君から柏清一郎君、堀江保雄様(太郎君の弟)の会費振込表のコピーを頂いた。同時に先日私の銀行口座からなにわ会の銀行口座に振り替えた3件計17,000円の入金を確認したと通知があった。

 杉田繁春君から先日の山元 奮君逝去の記事を山元君が2号の時23分隊で一緒だった故藤範純二君の妹黒田咲子様に通知したと手紙を貰った。山元君は前に藤範君のお墓にお参りしていたそうです。そして、山元君は昭和20年4月6日アモイ沖で被弾大破した時、第108震洋隊隊長としてアモイに進出していた杉田繁春君と10日間ほど一緒に過ごした。(杉田繁春君 お手紙の写 有り難うございました。)
by naniwa-navy | 2011-03-20 06:09 | 日記
日記 3月19日
3月19日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 渡部 幸博(343空 戦闘機)
 本土来襲の敵機と四国上空で交戦戦死(紫電)

 向坂 清(葛城 空母)
 呉港で敵機動部隊の本土空襲に際し銃撃を受け戦死

 坂田 明治・藤田 春男(攻103 偵察)
 神風特別攻撃隊菊水部隊彗星隊として九州南東海面の敵機動部隊に突入戦死(彗星)

 桂 理平の「故藤田春男君の日記」の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/iboku-fujitaharuo-katura1.html

 藤田 貞子様の「兄(春男)の宿帳」の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-fujita-imouto.html

 1945年(昭和20)3月19日午前7時20分ごろから午前11時5分までにわたって、呉は軍港を中心として、アメリカ海軍第58機動部隊の艦載機約350機による激しい攻撃を受けた。この日呉を攻撃したアメリカ海軍第58機動部隊は、マキン・タラワ攻略戦、マリアナ沖海戦、沖縄・那覇大空襲、レイテ海戦、硫黄島攻略戦などに参加し常勝を誇ってきた部隊で、やがて開始される沖縄攻略作戦の前哨戦として、呉を襲ったのであった。
 この時私は駆逐艦楓で呉にいて、緊急出港し、回避運動をして無事であった。

この日の戦後物故者なし。

 昨日のなにわ会ブログを見た74期の方が次の記事を74期の談話室に書かれていた。
『今朝の「なにわ会ブログ」で 心待ちしていた 対番の生田善次郎先輩の命日が 今日であることを知りました。 ブログを開き 64期の日辻飛行隊長の 「生田中尉を偲ぶ」を読み、健気な飛行服姿の遺影に頭を垂れて 無性に涙が溢れてきました。』

 この様な事を見ると、この「なにわ会」ブログが読まれていること、そしてお役に立っていることが分り嬉しくなってくる。

7Ⅰ期訃報
鯨岡(旧姓大平) 洋 23・2・21逝去

22年12月、23年1月、2月のブログをHPに取り込んだ。
by naniwa-navy | 2011-03-19 06:04 | 日記
日記 3月18日
3月18日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 杉坂 善男(戦303 戦闘機)
  鹿児島上空哨戒中F6Fと交戦戦死 (零戦)

 植田 伸二(戦307 戦闘機)
 敵機動部隊来襲時宮崎県富高から迎撃に向いこれと交戦戦死(零戦)
宮原 健児君の「植田伸二君の戦死状況の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-uedasinji-miyahara1.html
 
 生田善次郎(801空 大艇操)
 本邦南方哨戒のため基地発進後、消息を絶つ(二式大艇)
日辻 常雄様(元飛行隊隊長)の「生田善次郎中尉を偲ぶ」の記事↓がある。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-ikuta-hituji1.html

この日の戦後物故者なし。

 厚労省、遺族会による第20回洋上慰霊巡拝に参加された星野道子さんから今回捧げられた追悼の辞を頂いたので↓のHPに追加した。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ma480/senbotu-inoguti-hosino-tuitou.html
by naniwa-navy | 2011-03-18 05:44 | 日記
日記 3月17日
3月17日
この日の戦没者 66年前 昭和20年
 合志 秀夫 (南方諸島空 整備) 硫黄島で敵上陸部隊と交戦後玉砕

この日の戦後物故者なし。

 星野 道子 様(猪口 智君の妹)から要旨次のメールを頂いた。
『厚労省、遺族会による第20回洋上慰霊巡拝に3月5日~3月16日に参加し、本日16日、神戸港より新幹線、横浜線経由で帰宅しました。
 参加にあたっては13年前位に猪口 智のタクロバン他陸上を中心とした慰霊祭参加において、追悼の辞を読んだもの(なにわ会HPに掲載頂きましたもの)も印刷、シブヤン海にお供えしました。
 また、その追悼の辞をyahoo-japan(猪口―星野の検索)で検索して読まれた方(父親が鈴谷に乗っておられ戦死)が参加されており、感慨ひとしおの巡拝となりました。』
by naniwa-navy | 2011-03-17 06:15 | 日記
日記 3月16日
3月16日
この日の戦没者  67年前 昭和19年
 石原 博・太田 基彦(白雲 駆逐艦)
釧路沖で船団護衛中、敵潜の雷撃を受け沈没戦死

この日の戦後物故者
 森園良巳 2009年3月16日逝去
by naniwa-navy | 2011-03-16 06:24 | 日記
日記 3月15日
3月15日
 この日の戦没者・戦後物故者ともになし。

地震関係
 金枝 健三 君
  こちらは幸い電気、ガス、水道のストップはなく助かりました。実は今日はクラスの岩間の写真展に5名ばかりで先月から集まる予定でしたが取り止めして正解でした。 原発が心配です。
 
 内山隆太郎 君
  池田武邦君から電話があり、内山隆太郎君と連絡がとれ、大きな被害はなく、家も人も大丈夫とのことが分った。

 藤井 翠 様(藤井伸之君の妻)
  幸いこちらは停電もせず、被害もありませんでした。

 岩淵 成紘 様(有志会員  70期の甥)
  当方、11日の大地震で隣接する母宅の道路に面した2階建ての物置の道路側壁面が全面剥落し、父が保管していた古い資料等が道路に散乱しました。建物は危険なので取り壊さなければならないようです。市役所が危険の表示をしてゆきました。長男(幹候入校辞退した方の息子)も市職員となっており、様子を見に戻るくらいで帰って参りません。次男は幹候卒後外洋練習航海の帰途、沖縄に寄港していたようですが、災害救助に向かっているのでしょうか、なにしろ電話もメールも殆ど使えません。通信状況はむしろ日に日に悪くなってきています。
 母宅も我が家も築40年以上経っているのですが、建物自体は問題ありませんでしたし、人的被害も皆無でした。小生金曜午後の診療のため車で自宅から病院に向かっているところで地震に遭い、はじめはパンクでもしたかと思いましたが電柱や電線が大きく揺れ、家屋の瓦が落ちているのをみて危険を感じじ、治まるまで路肩に止めるような状況でした。
 院内は薬品棚をはじめ、すべての棚は倒れ、臨時休診し整理に当たりました。
 同行の妻は家の方が心配なので帰し、物置の崩壊を目にして家もダメだろうと覚悟したところ、幸い無事だったということです。散らばったものの中に朽ち果てたトランクがあり、中身も散乱していましたが、成忠叔父戦死後遺品を海軍がとりまとめて送ってくれたものと思われます。外はボロボロ、中身も湿気で大分痛んでいますが、70期候補生全配属先(各艦選任候補生宛となっていました)、おそらく真珠湾攻撃の記録と思われる戦闘詳報(翔鶴配乗でした。村田重治少佐の隊長名がありました)などのガリ版刷資料兵学校教科書など実に貴重な資料類がありましたので、今後整理しようと思っています。物品の中には岩淵少佐遺品候補生袖章2組と付箋のある未使用の袖章などもありました。
 当地郡山では地震直後は電気、ガス、水道すべて止まりましたが、昨夕の水道復旧でライフラインは戻りました。何が不便と言って一番の問題は水でしたね。幸い我が家では80Lの雨水タンクを設置していましたので非常に助かりました。閉まっている店が多く、開いていても主食、生鮮食料品は殆どなく、手持ち食料を節約する状況です。ガソリンも10Lしか給油できず、これも節約のため、徒歩で動ける範囲での生活を余儀なくされています。原発は阿武隈山脈を挟んで直線で50km離れており、当面は静観ですが、想定範囲外といっても自家発電を始め非常時対応システムが使えない状況はあってはならないでしょうね。
by naniwa-navy | 2011-03-15 05:35 | 日記
訃報 山元 奮君
山元 奮君が平成23年3月13日(日)逝去されたと山元夫人から報告があった。
葬儀等つぎのとおり行われます。
  喪  主 山元 美穂子様  
 御通夜  平成23年3月15日(火) 時間未定
 告別式      3月16日(水) 時間未定
 斎 場   セレモニー宮崎都城メモリードホール
       住所   宮崎県都城市栄町15-1-2
       電話   TEL:0986-25-4949
       JR都城駅より 徒歩5分

 謹んでお悔やみ申しあげます。

備考  山元 奮君と同じ分隊だった会員
1学年 45分隊伊藤正敬 2学年 23分隊宝納徳一 3学年 26分隊山下 誠
by naniwa-navy | 2011-03-14 13:21 | 訃報

by naniwa-navy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧